伊藤園のミュシャ缶

お茶の伊藤園で、2003年夏から缶コーヒーを出している。
女性をターゲットにしているそうで、CFも観月ありさである。
なんと、この缶にはアルフォンス・ミュシャの装飾パネルがデザインされている。
なぬー!?ゲットするでしょう!!
CFを見た翌日から、スーパーやコンビニを探し回った。
伊藤園というとやっぱりお茶のイメージが強いせいか、入れているお店も非常に少なく、3種類も出ていたのに、4~5軒回って、1日1種類見つけるのがやっとだった。
その後、街角の自販機にも入ったようで、大分入手し易くなった。

そして、昨日、ダンナから「ミュシャ缶、新しいの出てるらしいよ」と教えられた。
またまた、なぬー!?
早速、伊藤園のニュースリリースを見てみると、去年の11月と先月に、新製品が出るとの記事がある。
全然気づかなかった。早くゲトズサーしなくては。
取りあえず、先ほど近所のコンビニに行ってみたが、新製品はなし。しょぼーん。道は遠い。

ミュシャはアールヌーヴォー期に活躍したポスター画家だ。
装飾品のデザインセンスが抜群で、ポスターという限られた空間の切り方も非常に上手い。
当時は彼の絵が大流行し、現在でも影響を受けたと言う漫画家やイラストレーターは多い。
興味を持たれた方は、是非伊藤園のミュシャ紹介ページをご覧頂きたい。

著作権が絡みそうなので、画像をアプできないのが大変残念。
[PR]
# by xiaoxia | 2004-02-18 13:50 | 見る | Comments(0)

今日読んだ本

ボーヴォワールは語る~「第二の性」その後
アリス シュヴァルツアー (著), Alice Schwarzer (原著), 福井 美津子 (翻訳)

↓の「できるかな」と同時に読んじゃうあたりが、アタシの読書の方向性を語っておりますが(笑)
図書館で「第二の性」を借りようと思ったら、全4巻中2巻と4巻しか入っていないらしい・・・ってをい!なんで全部買わないんだよ!?
仕方無く、「第二の性」のテイストだけでもと思い、対談集をゲット。
ボーヴォワールと言えば、「第二の性」で鮮烈な印象を残したフェミニストですが、
ひどく急進的でアグレッシヴな人という、勝手な印象を持っていました。
(ほら、フェミニストってみんなコワいじゃん)
男なんか排斥しちゃえ!!みたいな。でも違うんですね。
彼女は当時は男女平等さえ実現されたらよいのだから、別段フェミニストであるつもりはなくって、社会主義者だったのね。
で、社会主義もまた男女平等を具現化できないとわかって、フェミニストと名乗るようになる、知らなかったなぁ。
ほかのびっくりとして、1970年代でも、フランスでは、妊娠・堕胎はまた女性の自由ではなかったのね。
やっぱりキリスト教国は日本よりもそういうところは厳しいんだろうなぁ。
ま、日本でも「よっぽどの事情じゃなきゃ堕胎しちゃだめ」とかいう優性保護法なんて法律があるけどね。
いや、私は堕胎を奨励しているのではなくて、女性の側に主導権がないのがオカシイって言いたいんだけどさ。
で、なるほど~と思った彼女のお言葉。
  • 女性だけの世界(団体)を作っても、現在の男性だけの社会の女性版になるだけだから、ちっとも男女平等にはならない。
  • 現在の男性社会に言いたいことを言おうと思うのなら、女性も多少は男性社会での力(地位とか名誉とか)を身に付けなくてはいけない。
  • デキる女性は「デキないのはお前が悪い」という、女性が劣性であることを強化するのに使われてしまう。
  • さすがに鍋を磨くのは神聖な仕事だとは言えないから、育児は神聖だと言われる。どちらにしろ、女性を家庭に縛りつけたいだけだ。
  • 結婚して子供を持つことはもう救いようがなくなるから、子供を持つなら結婚せずに持った方が良い。

ぜひ「第二の性」も読みたい。
あ、彼女の伴侶だったサルトルの本も読みたくなったな。

できるかなV3
西原 理恵子 (著)

とうとうできるかなも3巻目。
結婚・出産などが続いていたサイバラ師、育児休暇も明け、いよいよ活動本格化です。
さて今回の挑戦は「脱税」やら「ホステス」やら。いや、相変わらず攻めまくり。
でも「ホステス」んとこは、ちょっと「ぼくんち」テイストがあって、ほろりとさせられてみたり。サイバラさんは、一生懸命働く女には優しいんだよね。
ほか、鴨ちゃんをテーマにした一連の作品など。
鴨ちゃんとは2003年にお別れしてしまったようですが、
一緒に活動はしているようです。
オフィシャルページの「日々まんが」に、ホンネなのかホンネ風ネタなのか微妙ではありますが、鴨ちゃんへの思いが綴られていて、またしんみり。
いや、でもそれ以外では、勿論「毒」は健在です。「脱税」の章は絶対面白い。
[PR]
# by xiaoxia | 2004-02-09 19:25 | 女性とは | Comments(0)

中の人について

2015年更新
■基本スペック

・xiaoxia (小霞)
  読み方 → しゃおしあ
  意味 → カスミさん
・北海道函館市生まれ、南関東在住
・既婚小梨R40
・中小企業に勤務するプログラマ

■会社の仕事

 現在は主にビッグじゃないビッグデータを分析する人(マエショリスト)
就職してからプログラミングを覚えた
 文系出身
 現在最もたくさん書く言語は Ruby
 そのほか、以下のような言語もぼちぼち
  業務経験あり:Perl, Lisp, Ruby, PHP, Javascript, VBScript, SQL, java, C, C++, C#, R, Python
  業務経験なし:VB
 Haskell と Erlang を覚えたい
 開発は UNIX 系ばかり
windows は端末OSもしくはexcelでのデータ分析用
 ネットワークにも興味あり(ネスペ取りたい)

■会社以外の仕事

 以前は時々プログラムのアルバイトをしていた
 初心者向けネットワーク系書籍の執筆経験あり

■趣味

・バイオリン歴30年以上
  スズキメソード5巻の最初で辞めたがモーツァルト3-5番くらいは弾く
  (才能教育ではない。他に篠崎や新しい~の教本も使用)
  市民オケに入っている

・読書
  SF、ホラー、エッセイ、一般小説、人文・社会学系、漫画などなど何でも読む
  読まないのはラノベ、恋愛小説、竜と魔法と剣のファンタジー、詩歌、あたり
  好きな作家は、澁澤龍彦、森茉莉
  好きな漫画家は、高橋葉介など

・オタクで腐女子
  自分では創作活動はしない
  昔の腐女子なのでいまどきのBLとかはよくわからない

・音楽鑑賞
  クラシックはバロック(特にバッハ)、レクイエムなどの合唱曲が好き
  それ以外は、梶浦由記の曲
  昔は中川勝彦のファンだった

・美術鑑賞
  アルフォンス・ミュシャが好き
  それ以外は、ギュスターブ・モロー、オーブリ・ビアズレーなど

■連絡先
xiaoxia [at] excite.co.jp

■バナー
以下をお使いください
その1:
バナーその1

その2:
バナーその2

その3:和魂要塞の城代さん作バナー
和魂要塞の城代さん作バナー

[PR]
# by xiaoxia | 2004-02-09 08:00 | 中の人について | Comments(5)

ダメ女プログラマ&主婦&腐女子&バイオリン弾き


by 小霞