「ほっ」と。キャンペーン

はじめに


タイトル通りの内容です。

ホスト:Windows7 Enterprise
USB機器:
  USBハブ+USB変換機(オーテク)+PS2キーボード(IBM SpaceSaver)
  ELECOM タッチパッド

いつもは VM は VMWarePlayer を愛用しているのですが、
商用利用ができないので、
展示会でのデモ用に VirtualBox 4.3.26 を入れました。
まだ色々問題も聞きますが、デモのためには仕方がない。

で、既に作成してあった VirtualBox の VM を起動したところ、
ホスト側でキーボードがまったく使えなくなりました。
タッチパッドは使えます。
VirtualBox を終了してもキーボードは使えないので、
仕方なく Windows を再起動しました。

ゲスト側では、キーボードの一部とタッチパッドは使えます。
キーボードに付いている、
ポインティングデバイス(赤い丸とボタン)は使えません。

実施1:VirtualBox の USB 機器に登録→失敗


VirtualBox の設定中にある、USB機器の一覧に
キーボードとタッチパッドを登録しました。
「メーカー」「製品名」「シリアル番号」は空欄にする、と
書いてあるブログを見つけたので、
その通りにしました。

結果は失敗でした。
ホスト側では、
タッチパッドは使えるのですが、
やはりキーボードは使えなくなります。

実施2:Extension Pack を入れる→失敗


USB がらみのトラブルは、Extension Pack を入れるといいよ!という
内容を良く見かけたので、
入れてみました。

状況は変わりません。

まとめ:未解決です


というわけで、誰か助けてー!(笑)

ちなみに、他のマシン(Thinkpad)では
同じ VM が問題なく動作しています。
くやしい。
[PR]
# by xiaoxia | 2015-03-30 17:53 | ソフトウェア | Comments(0)
Office 2013 を使っていて、
プロキシ サーバー store.office.com に接続しています
視覚情報を入力してください

などというダイアログが表示されて、
大変邪魔くさかった。
社外への接続には認証付きプロキシを通すので、
アプリが私の許可なく勝手に接続できないのである。
で、これを表示させない方法。

困っている人もいるだろうに、
なぜか情報が見つからないなーと思っていたら、
Office 2010 については、以下のページに情報があった。
同じやり方で、2013 でもイケた。

Office 2007 および Office 2010 を使用中に意図しないタイミングでインターネット接続が行われるのを防ぐ
http://support.microsoft.com/kb/951704/ja

このページの 14.0 のところを 15.0 に読み替える必要がある。
レジストリキーがない項もあり、
その場合は自分でキーを作成しなくてはいけないので、
レジストリエディタでちゃんと確認しながら書き換えるのが吉。
ファイルに書いて登録したら楽チン!と思ったら、
キーがなかったりして、全然できなかったのだった(^^;;

ちな1:
レジストリ登録する reg ファイルを作成するときは、
utf16le で作成してね!
(多くのPCはIntelアーキテクチャだと思うのでleで)
レジストリをエクスポートすると BOM 付きになるので、
BOM は入れるべきかも。

ちな2:
reg ファイルにコメントを書けるよ。
行頭 ; らしい。
lisp みたいだね(笑
[PR]
# by xiaoxia | 2014-10-29 18:01 | ソフトウェア | Comments(0)
先日、パケットキャプチャしてみたのだが、
実は 一番やりたかったことは、
NIC の I/O の値を取るってことだったの。
sar の rxbyt/s と txbyt/s みたいなのを見たかった。
windows に sar コマンドがあればいいのに。

もしかして、タスクマネージャのネットワークタブで表示される
グラフの数値が取れればいいんじゃないの?ってことで、
その数値を取得するメモ。

特にネットワークの値が欲しかったので、
その内容に特化して書いたけど、
同様のやり方で、CPU 使用率とか、色々取れるよー。

方法



(1)データ収集の設定
パフォーマンス・カウンタの値を収集する。
以下のページを見て、データ取得の設定をする。

パフォーマンス・カウンタのデータをスケジュールに従って収集する(Windows Vista/Windows 7/Windows Server 2008編) - @IT


「記録するパフォーマンスカウンタを選択」の項で、
「Network Interface」 の中の
「Bytes Received/sec」と「Bytes Sent/sec」を選択して「追加>>」。

ICMP とか HTTP とか TCPv6 とか UDP とかあるけど、
sar 相当なら、上記の設定で良いっぽい。

(2)ログを記録、保存
一定時間、実行して記録したら、右クリックなどで「停止」。

(3)出力ファイルを開いて変換
C:/PerfLogs/Admin/データコレクタセット名/マシン名_日付/ファイル名.blg などに出力されるので、
このファイルを開く。
デフォルトはパフォーマンスモニタで開かれる。

どこでも良いので、画面上で右クリック、
「データを保存」を選択して、csv 形式で保存する。

最終結果はこんな感じ。
15秒ごとに取得。
Teredo とか isatap とか必要なのかは良くわかってない。
ウチの LAN て IPv6 使ってたっけ?


"(PDH-CSV 4.0) (","\\MachineName\Network Interface(Teredo Tunneling Pseudo-Interface)\Bytes Received/sec","\\MachineName\Network Interface(isatap.{XXX})\Bytes Received/sec","\\MachineName\Network Interface(isatap.{XXX})\Bytes Received/sec","\\MachineName\Network Interface(Realtek PCIe GBE Family Controller)\Bytes Received/sec","\\MachineName\Network Interface(isatap.{XXX})\Bytes Received/sec","\\MachineName\Network Interface(Teredo Tunneling Pseudo-Interface)\Bytes Sent/sec","\\MachineName\Network Interface(isatap.{XXX})\Bytes Sent/sec","\\MachineName\Network Interface(isatap.{XXX})\Bytes Sent/sec","\\MachineName\Network Interface(Realtek PCIe GBE Family Controller)\Bytes Sent/sec","\\MachineName\Network Interface(isatap.{XXX})\Bytes Sent/sec"
"10/14/2014 23:57:28.195"," "," "," "," "," "," "," "," "," "," "
"10/14/2014 23:57:43.198","0","0","0","774.44912872811244","0","0","0","0","0","0"
"10/14/2014 23:57:58.193","0","0","0","1409.6238705208716","0","0","0","0","10.80324851094622","0"
"10/14/2014 23:58:13.196","0","0","0","798.73811482102087","0","0","0","0","0","0"
"10/14/2014 23:58:28.193","0","0","0","753.44294505548942","0","0","0","0","10.802527400565474","0"
"10/14/2014 23:58:43.197","0","0","0","762.42352784619686","0","0","0","0","0","0"
"10/14/2014 23:58:58.194","0","0","0","1024.1740698628537","0","0","0","0","10.802539183396204","0"
"10/14/2014 23:59:13.199","0","0","0","813.22526171396839","0","0","0","0","0","0"
"10/14/2014 23:59:28.197","0","0","0","675.37976930023842","0","0","0","0","10.801808927499124","0"

[PR]
# by xiaoxia | 2014-10-14 17:33 | コンピュータ関係 | Comments(0)
昨日 windows7 ruby に MessagePack-RPC を入れ(ようとして脱落し)た記事を書いたけど、
もうホントに、心底、脱落したわよ(笑
だから Ubuntu に入れることにしちゃった♪
で、とりま動いたので、ここまでで困ったことをメモしておくよ。

動かなかったり、エラーが出た場合の
主に環境を作る段階での確認事項など。

確認すること



実際に実行されるファイル
「ruby」で実行されるファイルのパスやバージョン
「gem」で実行されるファイルのパスやバージョン
バージョン
ruby -v で見られるバージョン
gem -v で見られるバージョン
以下のリンク先
/etc/alternatives/ruby
/etc/alternatives/gem
/usr/bin/ruby
/usr/bin/gem
gems の各種情報
gems env で、リポジトリを調べる(httpsだとダメな場合あり)
gems list で、インストールされているパッケージやバージョンを確認


不整合がある場合は、何とかして修正すること。
基本的に apt-get だの gem だので正式に直すのだけど、
リンク先については、手でモリモリ直すものみたい。

ruby1.8, ruby1.9, ruby2.0 など、それぞれのバージョンで
gem の update のやり方などが違うようなので、
ちゃんと確認すること。
特に 1.8 から 1.9 に上がったあたりで、
gem ががっつり変わったぽいよ。
lib の格納場所なんかも変わってるらしいよ。

そのた注意点



・プロクシのある環境
 環境変数にプロクシを指定しても、gem が動かない場合がある
 sudo をつけて実行するときなど、
 gem install などをする際は、-p http://IP:port/ のように指定してみる

・MessagePack のサーバを実行後、EADDRINUSE 系のエラーが出た場合
 ポートが使用中で bind できないという意味
 使用されていないか調べ、当該ポートを使用しているプロセスをkillする
 「netstat -anp」などで表示できる

思いついたらまた追加するわ。
[PR]
# by xiaoxia | 2014-10-10 18:38 | プログラム言語 | Comments(0)
今日は ruby の MessagePack を試してみたよ!
これももちろん仕事だよ!
我ながら色々手出してるよね!

そして解決していない内容だから、
あんまり参考にならないと思うよ!

インストール


こんな感じでインストール開始。
gem install msgpack-rpc


通常なら gem install をすると、
Fetching ... というようなメッセージが出るが、
何も表示されない。
そして
 突然コードページが変わる
 「マシン名#」というプロンプトが出る
という状態になって、そこで停止。
プロンプトが出たので「exit」で抜けてみたら、
mkmf.rb あたりのエラーが。
キャプ取るの忘れたんだけど、確かこんな感じの。
checking for main() -l *** extconf.rb failed ***


gem fetch のみ実行すると正常に実行できて、
gem が落ちてくるので、
gem ファイルを指定して gem install --local をしてみたが、
同じエラーが出て、進まない。
原因がわからない(あんまり追ってない)。

いろんなパッケージを入れてみる


で、とりま Rails と DevKit をインストールしてみた。

再度 msgpack-rpc をインストールしてみる。
> gem install msgpack-rpc
Temporarily enhancing PATH to include DevKit...
ERROR: While executing gem ... (Errno::ENOENT)
No such file or directory @ realpath_rec - D:/Ruby/21-x64/lib/ruby/gems/2.1.0/gems/cool.io-1.1.1

cool.io がないって言われても…。

cool.io を単独でインストールしてみた。
これは成功した。

再再度 msgpack-rpc をインストールしてみる。

stat_watcher.c: In function 'Coolio_StatInfo_build':
stat_watcher.c:249:13: error: 'ev_statdata' has no member named 'st_blksize'
stat_watcher.c:250:13: error: 'ev_statdata' has no member named 'st_blocks'
make: *** [stat_watcher.o] Error 1

make failed, exit code 2

ev_statdata ってなにこれ?
まだダメぽい。
ちょっと…かなりイヤになってきた…。

gem list をしてみたら、
messagepack-rcp の依存関係にある rev が入っていない。
gem install rev をする。
成功。
しかし、messagepack-rpc のエラーは変わらず。

openssl-nonblock が必要という話も見たので、
ここのページを見て、 openssl-nonblock も入れてみたが、
このパッケージ自体のインストールに失敗。
rubyのmsgpack-rpcをインストールしようとしたらできなかった - うどん駆動開発
http://d.hatena.ne.jp/r_takaishi/20100914/1284455719


完全に脱落しました(´・ω・`)

もうやだorz


この後、Ubuntu で試したら、さらっと行きました。
ひょっとして Win7(64bit) て、messagepack-rpc が入らない?
[PR]
# by xiaoxia | 2014-10-09 19:03 | プログラム言語 | Comments(0)

ダメ女プログラマ&主婦&腐女子&バイオリン弾き


by 小霞