<   2015年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

[python][win7]pip と proxy

windows7 に chainer 入れちゃうぜ!とテンション上がったが、
入れようとしたら入らないよ。
proxy のエラーだよ。

D:\Python27\archives\chainer-master>pip install chainer
Retrying (Retry(total=4, connect=None, read=None, redirect=None)) after connecti
on broken by 'ProxyError('Cannot connect to proxy.', gaierror(11004, 'getaddrinf
o failed'))': /simple/chainer/
Retrying (Retry(total=3, connect=None, read=None, redirect=None)) after connecti
on broken by 'ProxyError('Cannot connect to proxy.', gaierror(11004, 'getaddrinf
o failed'))': /simple/chainer/
Retrying (Retry(total=2, connect=None, read=None, redirect=None)) after connecti
on broken by 'ProxyError('Cannot connect to proxy.', gaierror(11004, 'getaddrinf
o failed'))': /simple/chainer/
Operation cancelled by user


環境変数 HTTPS_PROXY も HTTP_PROXY も指定してあるのだが。
でも結果的に間違いだった。
今まで大丈夫だったのは、ソフト側で対応しててくれたんだなぁ。

失敗
set HTTP_PROXY=http://username:passwd@proxy.example.com:port/
set HTTPS_PROXY=https://username:passwd@proxy.example.com:port/

成功
set HTTP_PROXY=http://username:passwd@proxy.example.com:port
set HTTPS_PROXY=https://username:passwd@proxy.example.com:port


このくらい気を利かせてくれと言いたい気もする。

これで挫けてしまったので、
Ubuntu に chainer 入れようと試みたり、
(会社の LAN のせいで、VM を NAT で接続できず、apt-get できなくて挫折)、
いや caffe にするかとか、
( GPU が AMD だから CUDA が使えないのでは。
  つかそもそも caffe が win に対応してねーわ。
  VM の Ubuntu は前述の理由で apt-get できないし…)
いろいろ紆余曲折して2日も無駄にしてしまった…(;´Д⊂
[PR]
by xiaoxia | 2015-06-30 17:39 | ソフトウェア | Comments(0)
ログの名前:    System
ソース:      Microsoft-Windows-DNS-Client
日付:       2015/06/08 9:00:41
イベント ID:   1014
タスクのカテゴリ: なし
レベル:      警告
キーワード:    
ユーザー:     NETWORK SERVICE
コンピューター:  alpaca
説明:
名前 proxy.example.com の名前解決は、構成されたどの DNS サーバーからも応答がなく、タイムアウトしました。


イベントログをキレイにする企画第2弾。

このエラーは IPv6 絡みで出るエラーらしい。
解決方法は、以下の2つが多い。

(1) NIC の IPv6 を無効にする
「名前 ws.amazon.co.jp の名前解決は、構成されたどの DNS - マイクロソフト コミュニティ
http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_7-networking/%E5%90%8D%E5%89%8D-wsamazoncojp/d5eddf73-9742-49c0-8654-fbc93e8586e4
(2) レジストリ編集で IPv6 を無効化/優先度低
Windows 7 のイベントビューアに記録されたエラーに対処してみました 【 awgs Foundry 】
http://awgsfoundry.com/blog-entry-83.html#ev-errlog-09

私の場合は、
上記 (2) に加えて、
IPv4 のほうに指定していた DNS を
IPv6 のほうにもちゃんと指定することにした。
(たぶん IPv4 しか使ってないから放置していた)

ちなみに、IPv4 と IPv6 の変換はこんな感じ。

192.168.254.254 → ::FFFF:192.168.254.254

これでちょっと様子見。

追記:
結果として、原因は IPv6 まわりではなかったぽい。
というのは、上記の対処をして再起動したけれど、
同様のエラーが出たため。
proxy の名前解決をしなくていいように、
IP を直に指定したらエラーが出なくなった(当然)。

そのほか、proxy が実はちょっと違ったというのがある。
proxy.example.com だと周知されていたのだが、
windows のコマンドプロンプトで以下のコマンドを入力してみたら、
  > tracert proxy.example.com
最終的に、全然違う名前の proxy にたどりついた。
proxy.example.com は実体はないので、
そのために名前解決できないエラーになったのだろうと推測。

というわけで、最終的には、
そっちの全然違う名前の proxy の IP を直で指定した。
エラーは出ていない。
[PR]
by xiaoxia | 2015-06-09 17:52 | コンピュータ関係 | Comments(2)
assemblyIdentity の processorArchitecture の値 x64 が無効です、
というエラーが、イベントログに残っている。
時刻は不定で、ほぼ毎日。

ログの名前:    Application
ソース:      SideBySide
日付:       2015/06/08 12:24:11
イベント ID:    63
タスクのカテゴリ: なし
レベル:      エラー
キーワード:    クラシック
ユーザー:     N/A
コンピューター:  alpaca
説明:
"C:\Program Files\r-3.2.0\Tcl\bin64\tk85.dll" のアクティブ化コンテキストの生成に失敗しました。マニフェストまたはポリシー ファイル "C:\Program Files\r-3.2.0\Tcl\bin64\tk85.dll" 行 9 のエラーです。 要素 "assemblyIdentity" の属性 "processorArchitecture" に無効な値 "x64" が指定されています。


あちこち調べてみたが、あまり情報がない。
違うな、情報はあるが、解決策がない。

調べていて、以下のページに当たった。

<runtime> の <assemblyIdentity> 要素 - MSDN
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/b0yt6ck0(v=vs.110).aspx
processorArchitecture
省略可能な属性。
"x86"、"amd64"、"msil"、または "ia64" のいずれかの値で、プロセッサ固有のコードを含むアセンブリのプロセッサ アーキテクチャを指定します。 値の大文字と小文字は区別されません。 この属性にこれ以外の値を割り当てると、<assemblyIdentity> 要素全体が無視されます。 「ProcessorArchitecture」を参照してください。


えええええ。
省略できるならエラー出さないでよー。
エラーレベルは INFO とか WARN とかくらいでいいのにー。
x64 という値が設定不可なので、怒られているということはわかった。
じゃ、設定すべき値に書き換えましょう。


というわけで、リソースエディタで書き換えた!
※良い子はあまり真似しないように。
 プログラムが起動しなくなる危険があるので、
 ちゃんとバックアップを取ってから、自己責任で!
※ちなみに、使っているリソースエディタは
 ResourceHacker とか ResEdit とか XNResouceEditor とか、
 そのあたりを色々です。

今のところ、これでエラーは止まっている気がするので、
しばらく様子を見ることにする。
[PR]
by xiaoxia | 2015-06-08 17:49 | コンピュータ関係 | Comments(0)

ダメ女プログラマ&主婦&腐女子&バイオリン弾き


by 小霞