<   2013年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Office 2003 を愛用していたのだが、
とうとうお別れをするときがきた。
今年度でサポートが切れてしまう。

急いでドキュメントを作らなきゃ!という状況の時に
慣れないアプリを使って
「アレがしたいのに、どこのメニューに入っとるんじゃー!」と
探し回ることを考えると、それだけでヘコむ。
幸い、インストールメニューに「古い Office を残す」があって、
Office 2003 と Office 2010 を共存させることができた。
この点は、ものすごくMSを誉めたい!

私が Word 2003 を手放せない理由の1つが、
「スタイル」の一覧ウィンドウだった。
正しくは「その他の作業ウィンドウ」の「スタイルと書式」。
これを右側に常に表示させておくのが、私の作業状態である。
今まで Word 2010 を使っていた人たちはたくさんいたが、
誰に聞いても、このウィンドウの出し方がわからなかった。
私も数日、試行錯誤してようやく見つけた。
やってみれば超簡単。

(1) Ctrl + Shift + s で「スタイルの適用」を表示
(2) スタイルボタンを押下
(3) 「プレビューを表示する」にチェックを入れる







追記:
一発でスタイルウィンドウを表示させる方法がありました。
ホームタブ [スタイル] 右下の小さいボタンを押します。

でも、Word 2010 を再起動すると、ウィンドウが消えちゃう。
常に表示させる方法を現在模索中。
知っている人教えてプリーズ。



XXX

Word を使っている人からは、
よく「改行したら、番号がヘンになった」とか
「勝手に字下げされた」とか、色々な文句を聞く。
基本はどれもこの「スタイル」の設定で解決できる。
スタイルを指定しないからトラブルが起きる、と言ってもいい。
なわけで、現在、自分が書いている行はどんなスタイルか、
全体でどんなスタイル設定があるのか、
は常に把握しておく必要がある。

以下は、Word 2003 で表示した、某お役所案件の公式文書である。
見てわかるとおり、「見出し1」だけで4種類。
「見出し2」が3種類。
章番号は「*.*」しかない文書なのだが、
なぜか「見出し3」まで登場(しかも2種類も?)。
そして、「見出し」の前に番号が付いていない。
これは、見出しスタイルを指定しても、自動で章番号が付与されない、
つまり、章番号は手入力しなければならない。
そして全7ページしかないのだが、スタイル一覧にスクロールバーが出ている。
どんだけ不要なスタイル指定が多いのよ、ということである。
典型的なダメダメスタイルである。



これを私が修正したのが以下の状態。
実はスタイルはこれだけあれば十分だった。



皆さんも、このスタイル一覧を表示させつつ、
作業をすることを超おぬぬめ。
それと、改行マークとかタブ位置とかの編集記号も、全部表示、で。
すっきりしたフォーマットの文書が作れます。

なんてことを書きつつも、
こんな風にしなければ上手く使えないアプリってどうなのよ、
ということも思ったりするけどね(笑)
[PR]
by xiaoxia | 2013-06-03 18:37 | ソフトウェア | Comments(6)

ダメ女プログラマ&主婦&腐女子&バイオリン弾き


by 小霞