<   2011年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

だって Kies って重いんだもん。
自宅機にインストールしたけど、
マシンが遅いのもあって、
もうやだ!ってくらい時間がかかった。

OS: WindowsXP

超参考にしました:
GALAXY SのUSB Driver - GSHダラダラ日記

注:
2012年5月
以下のsamsungのGalaxySのページに、
kiesのリンクのほか、
ドライバだけのリンクもありました。
日本のsamsungのページだとあるみたいです。
(外国のには、ドライバだけというのがないページもあった)
http://www.samsung.com/jp/support/model/SGH-N013HKNDCM-downloads

(1) Universal Extractor をインストール


これが嫌な人は、残念だけどここで諦めてね。

Universal Extractor | LegRoom.net

インストール後、起動。
起動直後は英語だけど、設定の中で言語を選択できるので、
日本語を選んで日本語化できる。

(2) Kies をダウンロード


Samsung GALAXY S Andriod Smartphone - GALAXY S - Smartphone - mobile phones | SAMSUNG

Download → Software → Kies_2.0.1.11053_99_3.exe (今日現在のバージョン)

(3) Universal Extractor で Kies を解凍


ダウンロードした Kies.exe と、解凍先ディレクトリを指定して実行。

2番目の「InstallShield /b switch」を選択。
警告が出るけど、気にしないで実行。

注意:
1番目の「isxunpack」を選択しても、エラーで解凍されない。
3番目の「InstallShield installerではありません」を選択すると、
意図したものと違うものが出力される。
(7-zipで解凍されるぽい)

そのまま続けると Kies のインストールが始まってしまう。
「インストールで使用する言語を選択してください」が表示されたら、
そこで「キャンセル」。
キャンセルしても、解凍はできているので問題なし。

(4) もう一回解凍


以下のファイルができていることを確認。
出力先ディレクトリ/uni_*******/Samsung Kies.msi

msiexec で直接解凍も試みたけど、
「setup.exeからやれ」とエラーが出て、解凍できなかった。
ので、また Universal Extractor を使用。

1番目「MSI 管理者用 Installer」を選択。

注意1:
2番目「MsiX 解凍」、3番目「MSI TC Packer 解凍」ともに、
ISSetupFile...なるファイルが出力され、
意図したものが出力されない。

注意2:
また、解凍先は、"Samsung Kies.msi"があるディレクトリとは
違うディレクトリを指定する。
エラーで解凍できない。

(5) USBドライバを探してインストール


以下のファイルをができていることを確認。
(4)の出力先ディレクトリ\program files\Samsung\Kies\USB Driver\
SAMSUNG_USB_Driver_for_Mobile_Phones.exe

この exe をクリックしてインストールすればOK。

Galaxy S を USB で繋ぐだけで、
自動的にストレージとして認識される(^-^)v

追記:
ダンナに「ドライバだけダウンロードできるよね」って言われた。
未確認なんだけど。
まじすか!?
[PR]
by xiaoxia | 2011-07-26 17:41 | ソフトウェア | Comments(3)
Gucchi's Lyrics のタイムタグを LRC フォーマットに変換する

(replace-regexp
  "\\(\\[[0-9][0-9]:[0-9][0-9]\\):\\([0-9][0-9]\\]\\)"
  "\\1.\\2")


xyzzy って \d とかないんだっけな。
lisp の正規表現は他の言語とちょっと違うから、
なんか他の言語の正規表現と混ざるねぇ。

わざわざ投稿するほどのことでもないのだが、
でも実際使おうと思ったときに試行錯誤しちゃうのでメモ。
誰の役にも立たないメモだなぁ(^^;;

  XXX

windows での歌詞表示には、Gucchi's Lyrics を使っている。
もう大分昔に開発が終了しているのに、
このソフトの出来が良すぎて手放せず、
古いバージョンの winamp を使っている。
Gucchi's Lyrics は utf-8 までしか対応していないようで、
音楽ファイルの方に付けられたタグが utf-16 だと落ちちゃう。
しかし、iPodTouch で歌詞表示をするためには、
音楽ファイルの中に utf-16 で歌詞を入れないと文字化けする。
私の中では、Gucchi >>>超えられないキャズム>>>iPodTouch なので、
Gucchi 優先で、音楽ファイルのタグは utf-8 にしている。
Gucchi が utf-16 に対応してくれると良いんだけどな。
ダメならソース公開して欲しい。
自分で何とかする。

大量に持っている歌詞ファイルは、すべて Gucchi 形式である。
一般的なのは、LRC 形式らしい。
今は携帯音楽プレイヤーに iPodTouch を使っているが
近々 Android に乗り換えたいと思っている。
歌詞表示アプリがあれば LRC 形式である可能性が高いだろうから、
そのうち変換するんだろうな、と。
そんなわけで、変換スクリプトを考えてみたわけだ。
[PR]
by xiaoxia | 2011-07-20 17:35 | プログラム言語 | Comments(0)

Android女子、始めました

ダンナが最近 Galaxy S II とか ThinkPad とか
楽しいおもちゃを増やしている。
なわけで、貸してもいいのがあったら貸して、と言ってみたら、
Galaxy S(初代)を貸してくれることになった。
とうとうオイラも「Android女子」だぜ☆うは♪

■常時「非」接続端末

以前、客先で使っていた欧米版とは違って docomo 様バージョンなのだが、
SIM は入れない(私はwillcomユーザだからSIMは持ってない)ので、
ただの Wi-Fi 端末である。
そして携帯式ルータも持ってないので、
ネットに接続するのは、自宅のルータに繋げる時だけ。
ほぼ非接続状態ってのは、
Android の意味があるのかと言われるとかなり不明だけど、
どこまでカスタマイズできるか試す目的なので、
常時接続じゃなくても別段困らないの。
現在使っている iPodTouch(初代) の代替機にしようと。
で、現在2個持ちなんだが。
なんか、(物理的な意味で)重い…。

■マーケットからアプリ

昨日は既存の設定を色々いじって、
既存のウィジェットを数個並べてみた。
(ちなみにウィジェットというのは、トップ画面に常駐するソフトのこと)

マーケットは少しだけのぞいてみた。
想像していたより、登録されているアプリが少ない。
Apple みたいな有料登録や審査がないのだから、
もっとワシワシあるのだと思ってた。

Samsung Apps は SIM 入れろと怒られたので見られず。
docomo SIM は入れてないが、docomo マーケットは見られた。
なにこれ中井和哉の着声ってどういうこくぁwせdrftgyふじこ(ry
まぁ docomo 様なので、有料のばかりなので、SIM なしには関係がなさそう。

Apple はストアが1つなのに、
Android はマーケットが複数あって煩雑、という話もあるが、
windows だって unix系だって、自分でソフトを探すのが普通なわけで、
私には、そこはまったく気にならない。
面白い野良を探す喜びもあるしな。
なんなら自分で作ってもいい。
いや、そのうち作りたいと思ってる。
web view だけのアプリなら、
ほぼ java 書けない私でも数時間で作れるし。

■iPhoneを考えてみるに

IT系でない人には、やっぱり iPhone 薦めるかなぁ。
定食メニューが充実してて、選びやすい。
がっちりコースというよりは、プリフィクスな感じかなぁ。
でも Android はほぼアラカルトだけだから、
選ぶ基準が自分の中ではっきりしてないと選べない。
iPhone は最初から Apple のステキな美的センスで選ばれた定食なので、
初期状態で使ってもステキよね☆って感じがする。
でも、 Android は初期状態で使うよりも、
カスタマイズしてあるほうがカコイイって感じ。
まぁ最終的にはどちらもお好みで、ってことで。
[PR]
by xiaoxia | 2011-07-19 17:41 | コンピュータ関係 | Comments(0)

WPBF と Thunderbird の連携

環境:
Windows XP
Thunderbird 3.1.11
WPBF 2.91J

WPBF のプロパティ
 →メーラ連携
  → 連携するメーラ「Netscape Mail 3.x(日本語版)」を選択
    「プログラムの場所」「作業フォルダ」は Thunderbird のそれを指定

連携するメーラの選択肢には Thunderbird がなく、
連携ウィザードでは捕捉できなかった。
ひょっとしてねすけメールでいけるんちゃう?と試してみたらビンゴ。

いまどき biff なんか使ってる人も少ないのだろうな。
普通メーラって常駐だよねぇ。
仕方ないんだよ、テレホーダイ世代なんだから!

このところ、自社に戻ってきて
マシン環境を色々いじっているので、
こんな関係の記事ばかりだな。
[PR]
by xiaoxia | 2011-07-07 17:58 | ソフトウェア | Comments(0)
ただディレクトリ以下を del や rmdir するだけだと、
ディレクトリ以下にサブディレクトリが掘ってある場合や、
そこにファイルがある場合は
思うように削除できない。
マシン起動時にゴミを掃除してくれるアプリもあるけど、
そのためだけにアプリを入れるのはイヤだし、
アプリの起動がレジストリに書かれたりするのはもっとイヤだ。
なるべく軽く済ませたい。

というわけで、以下の bat ファイルを書いて、
スタートアップに置いておくだけで
自動的に実行されるので大層手軽でウマー。

Mac OS X なら .bashrc に1行書けば済むのに。
こういうときは Mac がちょっと羨ましい。
win で bat ファイルを書くことがほとんどないので
慣れていないだけだろうけど。

環境: Windows XP

@rem ここ以下に掃除したいディレクトリを好きなだけ並べる
@rem 指定したディレクトリの下を掃除する
@rem 指定したディレクトリ自体は削除されない
call :sub "C:\DOCUME~1\username\LOCALS~1\Temp"
call :sub "C:\DOCUME~1\username\Recent"
call :sub "C:\DOCUME~1\username\APPLIC~1\Microsoft\Office"
call :sub "C:\WINNT\Temp"
exit /b

@rem 削除する関数
:sub
for /D %%A in (%1\*) DO del /S /Q /F "%%A\*.*"
for /D %%A in (%1\*) DO rmdir /S /Q "%%A"
del /S /Q /F %1\*.*
exit /b


まだ Windows XP を使ってるという点だが、
ウチの部署は、ともすれば半分以上が XP かもしらん。
新規購入やレンタルは Win7 のようだけど。
Vista はほとんど見たことがない。
ちなみに私のマシンは、
PenD 2.8G でメモリ 1G なんで、もう XP くらいしか動かないですよ。
(3年間客先常駐の間に倉庫に入れられててすっかり老頭儿機に…)
[PR]
by xiaoxia | 2011-07-05 17:36 | プログラム言語 | Comments(2)
7月から、派遣先から自社に戻ってきました。
派遣先にいた約1年の間に、
ネットワーク設定が変わって(主に厳しい方向に)て、
メール受信みたいな簡単なことでハマってみたり。
そして解決方法を調べるのに大層苦労した。
グループ企業のサイトまでアクセス制限されてて、
いちいちパスワード入力しないと
FAQなどが見られないんだもの。
なんと言うかこう、ちょっとヒステリック過ぎやしないかと。
ISMS 的には仕方がないのか。

環境:
Windows XP
Thunderbird 3.1.11
(Thunderbird 5でも同様の状況が発生したので、
ダウングレードしたの)

メール受信時にエラーが出て受信できない


他のメーラーたちは問題なく受信できるのに、
Thunderbird だけはなぜか受信できない。
(メーラーを3個使っているの)

エラー: [Exception... "'Component is not available' when calling method: [nsIActivityManager::removeActivity]" nsresult: "0x80040111 (NS_ERROR_NOT_AVAILABLE)" location: "JS frame :: file:///D:/mozilla%20thunderbird/modules/activity/pop3Download.js :: anonymous :: line 158" data: no]
ソースファイル: file:///D:/mozilla%20thunderbird/modules/activity/pop3Download.js 行: 158


修正方法:
オプション
 → 詳細
  → ネットワークとディスク領域
   → 接続設定
    × システムのプロキシ設定を使用する
    ○ 手動でプロキシを設定する

同じドメイン内(同じ LAN ではない)に POP3 サーバがあるので、
同じドメイン内はプロクシを使用しないように指定。

部署内から出るプロキシは要パスワードなのだが、
システムのプロキシ設定の踏襲では、
パスワードを要求するダイアログが表示されない。
それで部署内から出られなかったようだ。
手動で設定したら無事にメールを受信できた。
プロキシが使われるのは、
例えばアドオン取得時みたいな http だけと思っていたので、
かなり意外だったし、
かなり悩んだ。

自動でメールを受信しない


受信ボタンを押すと受信するのだが。

修正方法:
ツール
 → アカウント設定
  → (当該の)サーバ設定
   → レ 新着メールがないか○分ごとに確認する
     レ 新着メッセージを自動的にダウンロードする
   → 「詳細」ボタン
    → × このサーバアカウントの受信トレイ
      ○ 「共通受信トレイ」または「別のアカウントの受信トレイ」
       レ 新着メールの取得時にこのサーバも同時に受信

新着メールの確認間隔を設定するのに加えて、
新着メールの取得時に~へのチェックも必要らしい。
理由は不明(気になるけど)。
[PR]
by xiaoxia | 2011-07-04 17:31 | ソフトウェア | Comments(0)

ダメ女プログラマ&主婦&腐女子&バイオリン弾き


by 小霞