「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

はじめに


エキサイトブログは今まで数々の危機にさらされ(笑)、
そのたびに保存保存とみんなで色々な方法を考えてきた。
昔はうまく保存できる方法を見つけられたのだが、
「非公開コメント」通称「鍵コメ」機能ができてから、
認証に使用する Cookie が複数になり、
通常のダウンローダーではうまくバックアップできなくなった。
記事だけの保存なら問題ないのだが、
コメントも含めて記事の一部と考えているので、
やはりコメントも保存したいのである。

どうすれば保存できるのか。
もうこれはブラウザの表示をエミュレートするしかない。
そこで iMacros を使えば良いのではないかと考えた。

これはブラウザ上で動く web テストにも使えるツールで、
人間がクリックしたり入力したりする動作をマクロとして記録し、
その通りになぞって実行することができるツールである。
人間と同じ動作を自動的にやってくれるのだから、
認証とか Cookie とかはまったく問題ナシ。
人間ができることならほとんどすべてできると考えて良い。

そして実験の結果、鍵コメまで保存できることが確認できたので、
情報共有する次第である。

下ごしらえ


・私は WindowsXP Firefox 3.5.9 で試した。
 IE 上で動く iMacros もあるらしい。試してない。
・以下から iMacros のアドオンをインストールする。
 iMacros for Firefox
・保存したい一番古いページの URL と、一番新しいページの URL を調べておく。
 「次のページ」のリンクをたどるので、
 投稿が一番古い新しいではなく、記事日付で見ること。
・自分のマシンに記事を保存する用のフォルダを用意する。

実行方法


・以下のソース中の最古 URL、最新 URL、保存先フォルダ名を書きかえる。
・実行前にログインしておく。
 (自動ログインからもやればできるんで、やりたい人は自分でやって)
・iMacros の Options -> General -> TimeoutLimit を 86400 とかにしておく。
 General -> Replay speed も Medium や Slow が良いと思う(回線速度を考慮)。
・以下のファイルを test.js などの名前で保存して、iMacros から実行(Play)。
 (スペースが全角なので注意)

//--------------------------------------------------
// 以下3つをサイトに合わせて修正
// 一番古い URL
var surl = "http://xiaoxia.exblog.jp/10819727/";
// 一番新しい URL
var eurl = "http://xiaoxia.exblog.jp/8551907/";
// ページを保存するフォルダ
// ・フォルダの区切り文字\は「\\」にする
// ・「My Cocuments」は「MYDOCU~1」にすれば保存できることを確認済み
var outdir = "C:\\iMacros\\Downloads";
// 上の文をコメントアウトして、その代わりに下を有効にすると、
// Options -> Folder Downloads 指定以下に保存される
// var outdir ="*";
//--------------------------------------------------

var macro;
var jsLF = "\n";
var i = 0;

iimDisplay("Send Macro via iimPlay:" + i);
macro = "CODE:";
macro += "URL GOTO=" + surl + jsLF;
iimPlay(macro);

while (1) {
  i++;
  iimDisplay("Send Macro via iimPlay:" + i);
  // ページを保存し、表示中 URL をマクロ外から参照できる値に保存するマクロ
  macro = "CODE:";
  // FILE={{!URLCURRENT}} を FILE=* に変えると記事タイトル名で保存される
  macro += "SAVEAS TYPE=HTM FOLDER=\"" + outdir + "\" FILE={{!URLCURRENT}}" + jsLF;
  macro += "SET !EXTRACT {{!URLCURRENT}}" + jsLF;
  // マクロ実行
  iimPlay(macro);

  // マクロ外から URL を参照
  // (location.href だと chrome:// が来ちゃうのでダメだったの)
  surl = iimGetLastExtract(0);
  // 最後の URL だったらここで抜ける。
  // 最後ではないなら、ページ繰りのマクロを実行
  if (surl == eurl) {
    break;
  } else {
    macro = "CODE:";
    // 私のページはページ繰りリンクが以下のようになっていた
    // <A class="newer_page" HREF=http://xiaoxia.exblog.jp/数字/>< 前のページ</A>
    // たぶん多くの人は同じだと思うけど、
    // <A class="newer_page" ... になっていない人は修正する
    //  TYPE=タグ名 ATTR=一意にこのタグを識別できるような属性
    macro += "TAG POS=1 TYPE=A ATTR=CLASS:newer_page" + jsLF;
    // マクロ実行
    iimPlay(macro);
  }
}
iimDisplay("Script completed.");
iimExit();


保存先フォルダに「http_xiaoxia.exblog.jp_数字_.htm」みたいな名前で
HTML が保存される。
「SAVEAS TYPE=HTM ...」の部分を「SAVEAS TYPE=CPL ...」に変えると、
保存先フォルダに「http_xiaoxia.exblog.jp_数字_」というフォルダが作成され、
画像から js ファイルから何から全部保存されるようになる(実験済み)。
IE なら「SAVEAS TYPE=MHT ...」にすれば、
1ファイルで画像もすべて保存できるのではないか(実験してない)。
どんな指定ができるかは以下を参照(英語だけどな)。
SAVEAS - iMacros

可能な範囲で質問も受けますので、コメントでお知らせください。

注意とか


・まずは数個の URL で試したらいいよ。
・ブラウザの表示を再現するツールなので、ブラウザにブログが表示される。
 私のようにブログを家族に隠している人は、実行時に注意すること(笑)
・保存した HTML を他サービスへインポートしたい人は、自分で考えて。

iMacros って色々書けて面白いよ。
Main Page - iMacros

追記:
harryさんよりコメントで、ハマった点と解決法を教えていただいたので、
記事内に引用しちゃう。
Win XP Pro SP3 (Windows7 downgrade) + Firefox 3.6.3

(1) iMacros の操作ウィンドウを×で閉じてしまい、出し方が分からなかった。
  →ツールバーにアイコンが追加されていた。
(2) コピペした js をどこへ保存すれば良いか分からなかった。
  → iMacros が導入された、My Documents\iMacros\Macros
(3) js を Play も Edit もできなかった。
  → UTF-8 で保存しないとダメなようだ。
(4) ダウンロード先フォルダは存在しないと作ってはくれないようだ。
  → C:\\Docume~1\\ユーザーID\\MyDocu~1\\iMacros\\Downloads ならばOK。
   おそらく、c: からのフルパスじゃなく、MyDocu~1 で始めれば良かったのだろう。


追記2:
指定した保存先フォルダがない場合は、保存されないだけで、エラーは発生しません。
保存先フォルダの存在チェックをすると、OSに固有のソースになってしまう
(Win だと ActiveXObject を使うぽい)ので、
保存先フォルダがあるかどうかは、自分でちゃんと確認してください。
  var outdir ="*";
にすると、Options の Donwloads の設定値が使用されるので、
楽チンだと思います。

追記3:
例えば、1件の表示と保存に1秒かかるとすると、
1時間で、60秒 x 60件 = 3600件保存します。
回線の状況によっては、それ以上時間がかかるでしょう。
何秒くらいでページめくりが発生しているかを観察すると、
保存したい記事数から、
全部の終了にはだいたいどのくらいの時間がかかるのか、概算できます。
[PR]
by xiaoxia | 2010-06-22 19:01 | ソフトウェア | Comments(11)
こういう旬なことは早めに書いて公開しておこう。

エキサイトブログ各所では、以下のお知らせが出てから紛糾中。
お知らせ : 7月からの記事内広告表示に関するお知らせ

harry師の「世祓い : 強権発動」にあるように、
私も、現在こういうポータルが広告で成り立っていて、
それ以外で収益を上げる方法を探ってはいるけれど、
課金では限界があるのも理解している。
景気が悪いので、広告を出してくれる企業も減っているだろう。
それも理解できる。
で、広告表示部分が増えれば、広告を出してくれる企業が増えるのだろうか。
そう簡単にいかないのでは、と思う。
エキブロガーたちが「エキブロやめます」と言い出すのも、
想定内だったのじゃないかと思う。
ではエキブロが狙っているのは何か。

実はエキサイトはブログサービスをやめたいのじゃないか。
実際、ブログサービスは全然儲からないらしい。
ポータルへの集客効果があればいいかな、みたいな感じで、
収益モデルがないまま、流行に乗ってあちこちがサービスを開始したものの、
ブログ単独での収益モデルは、いまだに私には全然見えない。
そうしている間にも、ブログ記事は増え続け、
それに伴って設備も増やさなければいけないし、
放っておいても設備の老朽化は進む。
ポータル側としては、儲からないだけでなく、むしろマイナスなのかも。
ユーザがたくさんいるとサービス終了しづらいけれど、
ユーザが減れば、終了もしやすい。
もうこれは「サービス終了のお知らせ」へのカウントダウンなのじゃなかろうか。

   XXX

コトツボ師も以下で書いておられるように、
言 壺。 : 広告表示のこと。本題は後半の「きっかけ教えて」。
ぶっちゃけ、引っ越し先まで追いかけて読んでいるブログはほぼない。
エキブロだから読んでいる、というのがほとんどである。
ウチも多分、引っ越ししたらお客様はガクッと減るだろう。
まぁウチのお客さんは7割以上が検索からの人だし
(それ以外は URL 直打ちとか、ブックマークとか?)、
そもそもアクセス自体が少ないので、
引っ越ししてもそれほど影響はないと思う。

でも、なんとなく引っ越ししづらい。
それはこのエキブロの成長を見てきたからだと思う。
コミュニティもたくさんあった。
私は全然参加していないけれど、
そういうコミュニティの成長をそばで見てきた。
エキブロをやっていなくては、出会えなかった人もたくさんいたし、
引っ越しではなく辞めていった人、更新が止まった人も、
いまでも数人覚えていて、時折どうしているかなと思ったりする。
別名で別ブログで活躍している人も、
あの頃のことを覚えているかしらと思ったりもする。
開店休業な私でもこんな風に思うのだから、
ちゃんと書き続けてきた人たちは、
私などよりずっと引っ越しづらいだろうと思う。

じゃ金払えなのかもしれないけど、
ユーザにとってはお金の問題ではないんだよね。
でもエキサイトにとってはお金の問題なのでしょう。
この「越えられないキャズム」は仕方のないものなのだろうか。

   XXX

で、広告と共存していく方法を考えてみた。

[1] 広告のジャンルを選べるようにして欲しい

企業の収益が広告であることは理解しているので、
エキサイトのやっているアマゾンアソシエイトである「ライフログ」」は、
積極的に使っているつもり。
全然関係ない本でもアマゾンから買うときは、
ライフログを使って踏むようにしてるしね。
だから広告もできれば出してあげたい。
でもウチはときどきえろな内容も書くので、
そういう広告が出ちゃう可能性もあるが、
自分で書くのはいいけど、広告出されるのはイヤだ(笑)
広告のジャンルを選ばせてくれないだろうか。
まぁ無理だろうとは思うんだけど…。

[2] イヤな広告は出したくない

インタレストマッチということは、
本文と似ているジャンルの広告が出されるのだろう。
それなら、出してほしくないジャンルの言葉を解析できないようにすればよい。
よくある検索除けは、単語の間に別の文字を入れるものである。
たとえば「や/ら/な/い/か」みたいな。
ブログ解析をした経験から言うと、改行や句読点も効果的(笑)
写真ブログは難しいかもしれないけれど、
文字ブログなら、出したい広告の言葉を連呼する。
「高尚な文学論 高尚な文学論 高尚な文学論」みたいな(笑)
機械に解析しやすく、スペースを空けてあげたりするのがミソ。
解析できない言葉ばかりだと、デフォルトの広告が出されてしまって、
それがえろ系である可能性もあるから、
多少解析できる余地を残してあげたほうが良い。
なんかワードサラダみたいになってスパム扱いされるかな(苦笑)

許せるジャンルの単語を独自の HTML タグの中に並べて、
そのタグをスタイルシートで非表示にすれば、
許せるジャンルの広告は出るけど、単語リストは非表示、
なんてことができそう。
スキンに書いてしまえば、面倒くさくない。

[3] 広告を目立たなく

これはどうなるかわからないけど、
広告の部分だけ、別の HTML タグが付くのじゃないか。
それならスタイルシートで小さくするなどの対処が可能になる。
でもそういう指定をするとスキンを変更できなくされる可能性もある
( script タグがあると更新できないのと同様に)。

[4] ブラウザでなんとかする

これは最終手段。
Firefox の adblock である。
特定の javascript や特定の HTML タグだけを実行/表示させない。
広告を表示する javascript や HTML タグがわかれば、
今までと変わらない画面で見ることができる。

*まとめ

私がやろうとしているのは、[2][3] あたり。
それでもダメなら [4] をやる。
ここまで手の内を明かしたのだから、
エキブロの中の人には善処してもらいたい。
いやホントにメチャメチャ手の内なんですよ私的には(笑)

でもなぁ、エキブロってユーザが少ないから、ビューも少ないわけで、
この程度広告が出ても、どれだけ成果があるのかねぇ。
ちゃんとコンバージョン率とか出して、
成果がなかったらこれは辞めて、別の方法を考えて欲しいな。
エキサイトコネタとかのほうが
ホッテントリにも入ったりして話題性は高いのだから、
あっちにもっとワシワシ広告出したらええんちゃうの。
[PR]
by xiaoxia | 2010-06-21 17:57 | ネット | Comments(10)
バイオリンの肩当て KUN の足ゴム替えの話。

シリコンチューブに替えた。
東急ハンズで内径 6mm のを買ってきた。
簡単にはめられたし、楽器にあててみても大変具合がよろしい。
10cm 単位で切り売りなので 20cm 買ったら結構余ったけど、
10cm では足りないだろう。
437 円/m だったので、これで 100 円以下。
黒ゴムのなら、もっとお安く、275 円/m だった。
私は念のためシリコンと黒ゴムと 20cm ずつ2種類買ったけど、
それでも合計 150 円しない。
これは全力でオススメしたい。

ちなみに、近所の DIY 屋では、内径 6mm は置いておらず、
内径 7mm 外径 10mm が 700 円/m。
切り売り不可という剛毅な商売(笑)
そんなに要らない。

以下、実際に買ってみた注意点。

●実物持ってけ
内径何 mm が良いかは、使っている KUN の種類に依るぽいので、
あちこちの web ページに書いてある「xx mm」というのはあてにしないで、
できれば、使っているものを持って行って、
比べてみるといい。
私はちょうど足ゴムが千切れていたので(笑)、
それを持っていった。

●余裕の太さの
シリコンはあまり伸縮性がないので、
余裕を持った太さのを買うのが良いと思う。
細いのを買ってしまったら、きっとはめるのが大変。
KUN の構造的には、たとえガバガバな太さでも、
弾いてて脱げてくるということはないと思う。
石鹸水を付けてはめる人もあるらしいけど、
ゴム劣化するのでオススメしないらしいし。

●はめてから切る
長いままのチューブをはめて、その後に余裕を残して切るといいよ。
小さいのは履かせるのが大変。
(気分的に履かせる、という感じなのw)

1個だけ純正?しかもキレイだし?と思ったら、
昔替えたのだった。
バイオリンの肩当て KUN 替えゴム
全然覚えてないZE(爆笑)
一応写真撮ったので、後で写真入れるかも。入れないかも。
[PR]
by xiaoxia | 2010-06-16 18:15 | | Comments(0)

ダメ女プログラマ&主婦&腐女子&バイオリン弾き


by 小霞