<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

週末にダンナの家に行ってきました。
今回は珍しく色々食べてみました。

桜えび最中アイス(日本平SA上り)


静岡県内のSAだと、だいたいあるかも。
食べてみました。
うーんビミョウ。
元のアイスはバニラ。
桜えびの香ばしさと生臭さが、後味にほんのり残ります。
美味しくないわけじゃない。
でも美味しいわけじゃない(笑)
いっぺん食べたら、二回目はもういらないかも…。

生プリン(足柄SA上り)


休日限定の地元の生プリンだそうです。
「生プリン」っていう字面が、ちょう美味しそうじゃないですか!
食べてみました。
ダンナは美味しい!と大絶賛。
私にはちょっとアレでした。
生プリンってのは、
フレッシュなプリンという意味じゃなくて、
生クリーム多めプリンという意味だった。
ほぼカスタードクリーム。
脂が多くてぬっとりです。
もっとクリーミーでミルキーで卵ちっくなのを想像していたのに。
でも、上部はカスタードクリームですが、
下部はプリン。
固める段階で分離しちゃうんですな。
へんな添加物を使っていない感じで、その点は好感触です。
下の方は美味しかったです。
でも普通のプリンです(^^;;

ようかんパン(富士川SA上り)


(注:足柄SAだと思っていましたが、富士川SAのようなので修正しました)
ようかんパン!
なんぞそれ!
組成はシベリアとおんなじじゃんと、
私は冷めた目で見ていたわけですが、
C級グルメなダンナは、その名前に食いつきましたよ。
見た目は、後ろまで突き抜けてるんじゃないかと思うほどの中央のへこみに、
チョコレートがけです。
(注:ようかんがけだそうです)
もうデザインからしてキッチュでやばそうです(笑)
翌日の朝にいただいたそうで、
感想を聞いてみたところ、
ようかんじゃなくてただのあずきだった、
でした。
……それってただのあんパン(ry
追記:
こちらのページに画像がありました。
釧路のB級を富士で入手 - 時には独り遊び -
[PR]
by xiaoxia | 2009-09-30 18:50 | ウマー | Comments(2)
a0003075_21461129.jpg6号で3700円ほど。
フルーツ追加で400円。
おめでとうプレート追加で更に300円。
プレートは300円払うほどじゃないと思うので、薦めない。

これは確かに美味しい。
クリームもスポンジも大変軽めに作ってある。
逆に印象が薄いかもと思うほど軽い。
クリームは大変美味しい。
ミルキーという方向ではないが、油っぽい感じもなく、すっきり。

これはかなり美味しいほうだと思うのだが、
なんで今まであんまり話題にならなかったのかしら。
ホテルのケーキショップだから?

行き方は面倒くさい。
歩く歩道から入って、1Fフロントに降りて、
そこから更に別のエレベータでB1Fへ。
迷いそうなんで、ホテルの人に聞きながら行くのが良いかも。
もうちょっと簡単に行ける方法はないものか。

[PR]
by xiaoxia | 2009-09-13 14:30 | ウマー | Comments(0)

表参道「ラブランシュ」

お気に入りの一店。
数年行っていないので、行ってみることにした。
いつも誕生日の時に行くので、同じ季節になるわけで、
同じメニューになっちゃうんだよなぁ。
なわけで、しばらく間をおいてみたわけだ。
もっと頻繁に行けって話しもあるが、
このお店に頻繁に来られるほど、我が家はお金持ちじゃない。

何がお気に入りと言って、フロアのおにいさんである。
田辺誠一を更にソフト度3割り増しといった雰囲気の方で、
普通にステキな接客をしているだけなのに、
妙に印象に残る方なのである。
最初に行ったときにファンになってしまった。
で、久しぶりに行ったら、全然おにいさんではなくて、おっさんだった(笑)
なんでおにいさんと思っていたのかわからないくらい、白髪交じりのおっさんだった。
でも相変わらずステキだったので、
彼に会えただけでも、行ってよかった(笑)

後で知ったのだが、彼はどうやら有名な人で、
ファンが多いらしい。
やっぱそうなのか。納得。

以前行ったときは、フロアは彼だけだったのだが、
若いお兄さんが2人増えている。
繁盛しているのね。結構結構。

a0003075_23192327.jpg豚のリエット

a0003075_23202678.jpg確かタマネギのポタージュ
違ったらごめん。

a0003075_23204178.jpgスペシャリテ
いわしとジャガイモの重ね焼き
 ベーコンカリカリ、いわしのポタージュ付き

a0003075_23211384.jpgアミューズ
フォワグラ、いちじく

a0003075_23205847.jpgアマダイのポワレ
 野菜たちが美味しい、きゅうりのソース

a0003075_23212629.jpg八角のグラニテ
 かんきつの香り

a0003075_23213886.jpg
 コンフィのパイ包み付き(八角の香り)

a0003075_2322699.jpgカルバドスのシャーベット

a0003075_23223271.jpg洋ナシのコンポート

a0003075_23225195.jpgプチフルール
 薔薇のマシュマロ、ルイボスティークッキー、チョコレート
エスプレッソorルイボスティー

a0003075_23232089.jpg誕生日のお祝いプレート(^-^)

今日はお客さんが少なかったので、と自家製のパンを持たせてくれた。
翌朝美味しく頂きました(-人-)

ラ・ブランシュ
東京都渋谷区渋谷2-3-1 青山ポニーハイム 2F
TEL 03-3499-0824
[PR]
by xiaoxia | 2009-09-13 14:26 | ウマー | Comments(0)
先日、ダンナが
「僕の名前で検索したら特許が出てきてさぁ」なんて話をしていたので、
ダンナの名前でググってみた。
以前は某メーリングリストのシグに入れた名前がヒットしていて、
会社名や住所まで見えちゃっていたのだが、
その後しばらくしてちゃんと削除された。
それからはずっと何も出なかったのだが。

ググってみたら、確かに特許だの、なんだのが出てきた。
全部で5件。
うち、2つは明らかに本人。
「名前占い」なんてページが2つ出てきたが、
これは本人とは関係ないだろう。

問題なのが、残りの1つ。
それは Amazon のウィッシュリストだった。
アダルトな書籍が並んでいる。
ダンナの苗字は、字面は珍しくないが、数としては少なくて、
関東にいる同姓の人は多分全部親戚なので、
同姓同名がいるとは考えづらい。
しかしながら、ダンナは Amazon で買い物をしたことがない。
必要な時は、私が代わりに買ってあげている。
私に隠れてアダルトな書籍を買おうとしているとも考えられるが、
日々フツウに書店で購入してきているし、禁止したこともないので、
Amazon で隠れて買う必要はない。
彼は私以上にITリテラシもあるし、
実名でウィッシュリストを公開するほどウカツではない。
平たく言って、別の人が作ったリストだ。

ここに表示される姓名は、
Amazon から送付されるときに宛名として書かれるものだが、
なにも本名を書く必要はない。
届いてほしい住所に届けば良いだけなので、
どんな名義でもOKなのだ。
実際、私も本名では登録していないが、ちゃんと荷物は届く。
偽名をテキトウにでっちあげても良い。
購入とは関係なく、リストだけ作るのであれば、
ますます偽名でOKである。
しかし、ダンナの姓名は珍しいので、
特に苗字は、偽名として思いつくようなものではない。
これを作ったのは、明らかにダンナの知人である。
そしてダンナの名前を使ってアダルトなリストを作り、
それを公開するというのは、
明らかに名誉毀損を狙っていると思う。

これはただ「ダンナの姓名が珍しい」という一点だけが問題なのであり、
例えば、これが「小沢一郎」だったりするなら、
珍しくないので、まったく問題ではないのだ。
そこの事情を説明して、
Amazon に「このリストのユーザに注意してもらえないでしょうか」というのは、
ちょっと無理なんじゃないかなぁと
私でも思ったりする。
こういう手段の嫌がらせというのもあるのだろうか。
ダンナはあまり人に恨まれる人じゃないんだけど。
というか、友達いないんで(笑)、
好かれもしないし、嫌われもしないんだけど。

調べてみたら、他の人も被害に。
結構、以前からあるんだなぁ。
Fukuma's Daily Record: 児童ポルノ法改正でAmazonの「ほしい物リスト」が凶器と化す日
Amazonのほしい物リストの「作成者」の欄は偽名でも可のようですが、私の名前で如何わしい商品をリストに表示させている人がいます。同姓同名の可能性も拭えませんが、そん.. - 人力検索はてな
Amazonの「ほしい物リスト」で、作成者を詐称していやがらせ : やじうまWatch
Amazonほしい物リストの悪行(増田)
などなど、「Amazon "ほしい物リスト" "嫌がらせ"」で検索すると、
ゾロゾロ引っかかる。

苦情があれば Amazon 側で対処してくれるのが有り難い。
住所を登録してあり、送付実績のある人だけ、公開にできる、
という条件を設けてはどうか。
それならば、あんまりな偽名は作らない

せいぜいが google や yahoo などの検索結果からはずしてもらうくらいか。
うーん、どうにかならんのだろうか。
[PR]
by xiaoxia | 2009-09-09 19:36 | ネット | Comments(0)

小学校へボランティア

1か月以上前のエントリだけど、
ネタがないのでストックから。

ヒビノアワ: 小学生にプログラミングの楽しさを伝えてみた

あー私もこういうことをやってみたいなぁ。

最近ね、ボランティアというのに興味があるんですよ。
若い頃から「ボランティアなんて自己満足だしエゴじゃん」と思ってきました。
今も思っています。
つらくても感謝してくれると嬉しい、なんて
有り難いだろ感謝しろ!って感じで、どう考えてもエゴです。
つらいけれど役に立つと思うと嬉しい、なんて
どんだけつらいのが好きやねん!って感じで、どう考えてもドMです。

そこで、私も楽しいけれど、ついでに誰かも楽しいといいねぇ、
という方向に行きました。
大事なのはまず「私が楽しい」です。
ここは絶対です。
そういう方向なら、私にもボランティア的なものができるかも、と思いました。
「ボランティア」という言葉が持つ胡散臭い感じが嫌なのですが、
他に言葉が見つかりません。

そして、私ができることは何かと考え、
やっぱパソコン関係かな、と思いました。
小梨なので、子どもの成長に関係できるものが良いなぁと思い
(小梨なのは社会に申し訳ないと思っておるんです)、
小学校でのパソコンがらみのボランティアなんかどうかな、と思っているのです。
小学校教諭の免許も持っているし、
落ち着いたアラフォー女子(笑)だし、
一応、堅い会社(の小さい子会社)に勤めているし、
本名ググっても論文とか著作とかバイオリンとか結構イイカンジだし、
アヤシイ人じゃないことはわかってもらえると思うし。
昨今は学校でも危機管理が厳重だろうから、アヤシくないって重要だよね、きっと。

なわけで、こういう例があると、その時になったら私もやってみよーと思えるなぁ。
指導計画を書くときも、たくさんのサンプルを参考にしたりするじゃないですか。
先生向けの「授業のネタ」みたいな本もたくさんあるし。

CHEEBOW 氏は今後も活動を続けていくとのこと。
私も楽しみにしています。
[PR]
by xiaoxia | 2009-09-08 18:33 | 考える | Comments(0)

ダメ女プログラマ&主婦&腐女子&バイオリン弾き


by 小霞