<   2006年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今年のクリスマス

今年のクリスマスケーキは、レスポワール・デュオのa0003075_0272042.jpg
「米粉のクリスマス ノエル」にしました。
米粉のスポンジと液状豆腐入り苺クリームを巻いたブッシュドノエルです。
なんかもう普通のケーキに飽きちゃって(笑)
もっちりかと思ったら、意外に普通です。
好みとしては、もうちょっとスポンジのきめが細かくて、柔らかいと良いんだけど。
言われなければ、お豆腐や米粉で作られているとはわかりません。
中は、普通にロールケーキ。
ノエルといえば中はムースであることが多いのですが、
ケーキを端から食う企画なので、ムースでは飽きてしまうのです。
#普通に1切れ食べるのなら、ムースも好きなんだけど(^^;;

聞いたことないケーキ屋だなぁと思ったら、
「神戸風月堂」のニューヨークスタイル・スイーツのブランドだそうです。
なんだ、風月堂だったのか。
ニューヨークスタイルって(苦笑)
レスポワール・デュオのオフィシャルページを探したんだけど、ないみたい。
そういうあたりがちょっとなぁ、と思ったり。



余談で、プレゼントについて。

今年のプレゼントはテンピュールの枕をもらいました!
売り場にあったものを片っ端から使ってみて、
これだ!と決めたのが、コンフォートピローでした。
クラシックとかミレニアムとか、色々なシリーズがありますが、
XSでないと合わないってのが笑えます。
どんだけ小さいんだよオレ(笑)
それでも何となく頭の形と枕のくぼみが合わない気がして、
なじんだ形のコンフォートにしました。
中にテンピュールのチップ(小さく切ったやつ)が入っていて、
ほかのシリーズに比べて、ものすごく柔らかいです。
寝心地の方ですが、今のところ特に変わった感じはしません(^^;;
でも、最初お布団に入って、枕に頭を乗せたときに、
ゆるーんと頭が落ちるので、あぁぁぁ(*´∀`*)ってなります。
毎晩、あぁぁぁ(*´∀`*)ってなってます(笑)

クリスマスに枕を買う人もおらんよな、と思ったのですが、
意外にも枕売り場は大人気。
枕お試しな人たちで、お試しベッドの周りは人垣(笑)
ちらっと見るに、カップル率高し。
そのうえ、男子から女子へのプレゼント率も高し。
ウチもまさにそうでした。てへ。

で、近くにドーナツクッションが売られていまして、
ピスタチオみたいな色のドーナツクッションが、
リースのように飾り付けされて、ディスプレイされていました。
ドーナツクッションって、アレなものじゃないですか。
こんな風にかわゆくディスプレイされても、
買う人って、あんまり若い女の子じゃないですよね(^^;;
いや、すごく可愛かったんですが。
地球大進化46億年・人類への旅 DVD-BOX1
ダンナへのクリスマスプレゼントは、
NHK特集でやっていた「地球大進化」のDVD-BOX2つです。
なんでも歯医者の待合室でかかっていて、
ちゃんと最初から見たくて、仕方がなかったんですって(笑)
Amazon でポチりました。
22日にポチって、23日にお金払って、24日に届きました。
仕事速すぎ。
[PR]
by xiaoxia | 2006-12-25 22:40 | ウマー | Comments(0)

今年読んだ本総括

・河添房江「源氏物語時空論」源氏物語時空論
実はまだ読んでいる途中。
源氏物語に登場する調度品などから、
当時の中国・韓国との関係や時代背景、当時の日本の世情を読み解く論文集。
その発想は私には非常に斬新。
そのほか、「夜の寝覚め」との比較、
与謝野晶子、谷崎潤一郎、海外の訳者の各訳本の比較などもあって、
古今東西の源氏満載。
一番最後の章は、電子化についてなのだが、
一応プロの私から言わせると、あははははなところもあるアレな内容。
そちらのプロじゃないのだから、まぁこんなもんでしょう。
大変分厚い本だが、源氏物語に興味があるなら、絶対面白い。

・田中美代子「小説の悪魔―鴎外と茉莉」小説の悪魔―鴎外と茉莉
個人的には、今年最も面白くなかった本。
論文なのか、エッセイなのか、どっちつかずな内容で、
何なんだこれはと思っていたら、
どうやら鴎外全集に付けられた
小冊子に載っていたものを集めたものらしい。
それでか。
面白い人には面白いかもしれないが、
私にはつかみどころがなくて辛かった。

・中沢新一「アースダイバー」アースダイバー
東京SUGEEEEE!
こうして見ると、東京という土地が全く違った構造に見えてくる。
私もアースダイバー地図を手に、東京を散策してみたい。

・仲正昌樹「デリダの遺言―「生き生き」とした思想を語る死者へ」デリダの遺言―「生き生き」とした思想を語る死者へ
非常に面白い。
これは書名で損をしている。
とっつき悪い思想の本かと思っちゃうじゃないか。
激しく勿体無い。

・森絵都「DIVE!!」DIVE!!〈上〉
今年最も面白かった本。
スポ根なのだが、何故か面白い。
上下巻の長さを感じさせない、スピーディな展開。
すばらしい。
でも、この作者の作品が全て面白いかというと、
イタイ子どもだった私には、イタくて辛い方が先に立つ。

・村上龍「イン ザ・ミソスープ」イン ザ・ミソスープ
20年振りくらいに村上龍。
この人はやっぱ時代を見る目が違う。
こんなに遅れて読むのではなく、
リアルタイムで読むべき。

・三砂ちづる「オニババ化する女たち 女性の身体性を取り戻す」オニババ化する女たち 女性の身体性を取り戻す
内容には全く賛同できないのに、
何故かとにかく何かを言いたくなる本。
そういう意味では名著。
我が意を得たり!を求めて読むと、期待はずれの可能性もあり。

・山田昌弘「希望格差社会―「負け組」の絶望感が日本を引き裂く」希望格差社会―「負け組」の絶望感が日本を引き裂く
・山田昌弘「パラサイト・シングルの時代」
・林信吾「しのびよるネオ階級社会―“イギリス化”する日本の格差」
・鈴木謙介「カーニヴァル化する社会」
・香山リカ「ぷちナショナリズム症候群―若者たちのニッポン主義」
どれも、今の時代の社会で「病巣」扱いされている事象を取り上げたもの。
特にどうということもなく、「あーそうですかー」という感じ。
掘り下げが足りなくて、どれも残尿感なのだが、
ま、所詮新書だから、深い内容を期待してはいけないんだろう。

というわけで、
白い百合賞:DIVE!!
腐ったタマネギ賞:小説の悪魔―鴎外と茉莉
です。

大体、図書館や人から借りて読み、
その後、手元に置きたいと思うと買うことにしている。
今年はそういう本に出会わなかったな。
また来年に期待。
[PR]
by xiaoxia | 2006-12-22 23:10 | 読む | Comments(2)

K市に行って来ました

いやぁ、K市は遠いねぇ。
行ってみると、思うほど遠くなくて、
結構近いじゃんと思うんだけど、
2時間はかかるんだよね(^^;;
a0003075_011236.jpg
ところどころボカしてありますが、
この電車に乗って帰りました。
東京都横断組。
自宅到着はこの約2時間後です。


a0003075_083657.jpg
今回の戦利品。
t2minaさんより直筆サイン入りステキクリスマスカード。
hitoさんより女の子限定(笑)グミ。
harryさんより萩の月(しかも2個だぜ!)。
みなさん、どもでしたm(_ _)m


[PR]
by xiaoxia | 2006-12-08 23:54 | 見る | Comments(9)
●ダンナが入院(でも2泊)

先週の木曜あたりから、ダンナが調子悪いと言っていました。
土日、様子を見ていたのですが、あまり良くなりませんでした。
月曜日に病院に行ったところ、
「仕事なんかしてる場合じゃないよ!」と言われ、
今日から入院・手術です。
2泊3日なんで、まぁ大したことないのですが。
でも、ほかの患者さんで
「ベッドが空いてないから、手術は来年だねぇ」なんて
言われている人もいたらしいのに、
その人たちを差し置いて手術ですからね(笑)
さっさと処置すれば大したことないけれども、
放っておくのは非常に危険、という状態なのでしょう。
彼は来週から海外出張なので、そのことをお医者に聞いてみたら、
問題なしといわれたそうです(!)
医学の進歩ってのはすごいものですねぇ。
火曜日に手術して、来週から出張OK(しかも海外)なんて。

● amazon だけプレミア付き?

先日、楳図かずお「わたしは真悟」文庫版を買いました。
全7巻のところ、店頭には6巻までしかなかったのですが、
これだけ揃っているのも珍しいので、とりあえずキープ購入。
7巻は後で買えば良いやーと思っていました。
漫画はのんびり揃えるタチなので、最終巻だけなくても、
あまり気にならないのです。

購入後、そういえば amazon でもユーズドを売ってたっけと思い、
ページを見てびっくり。
「わたしは真悟 (Volume5) (文庫) 」て、新品価格がなくて、ユーズドしか載っていません。
しかも、元値 610円のところ、ユーズドが「¥2,968より」て!!!
この5巻と6巻が、特別に高い値が付いています。
プレミアでも付いているのかと思いきや
ほかのサイトだと、全然そんなことはなく、フツウの値段です。
何が起こってるんだ amazon 。

amazon で品切れなのを良いことに、
さもプレミア付きでしか入手できないかのように装った話なのかな。
もしそうだとすると、なんだかなぁ。
あちこち調べずにボタンをポチってしまうユーザに非があるんだけど、
そこにつけ込む業者も如何なものか。

ルイージ、マリオを装ってWii販売会場に忍び込むもバレて連行退場。(【2ch】ニュー速クオリティ)

マジに事件だったのかwww
しかしすごいな、このルイージ。
本当に任天堂への愛を感じるよ。
すごい勢いで連行されている画も笑えるwww

で、くだんの Wii ですが、
任天堂のことだから、
あと1年くらいは品薄状態が続くと思います(笑)


「FON」が日本での本格展開を開始。エキサイトとの提携も(impress bb watch)

FON て何?という方は、下の記事をご覧下さい。
あなたはLinus?それともBill?--草の根無線LAN「FON」が日本でも始動(CNET Japan)
Linus とか Bill とか、ネーミングが良いよね(笑)
どっちにするかと言われたら、私は Linus が好みです。
世の中持ちつ持たれつですよね、って感じがするので。

【夜明けな】 バンダイビジュアルが「キャベツ事件」を公式に謝罪、DVDは200カットのリテイク(日刊スレッドガイド)

個人的には「夜明け前より瑠璃色な」の略称は「けよりな」だと思うんだけど、
ま、それは置いといて。

最近、神クオリティなアニメが多くて、
けよりなのキャベツもその1つ。
あまりにもクオリティがアレすぎて、ネットで話題になっていたわけ。
で、それを謝罪しちゃったと。
しれっと出されるのも感じ悪いけど、
認めて謝られちゃっても、ねぇ(^^;;
じゃ最初からちゃんと作れよ。
オトナの事情でそうも行かなかったのかな。

動画を見てみたんだけど、実際これは大変ひどい。
先日、アンジェリークを見て、そのクオリティにあぁーってなったけど、
全然その比じゃない。
とてもプロの絵には見えなくて、笑ってしまいます。
絵心のない私でも、もうちょっとキャベツらしく描くことはできるぞ。
明らかに手抜きだ。
で、それをバンダイビジュアルは認めて謝罪しちゃったんだな。
しかも DVD は、撮り直しして修正されているから買ってね、と来たもんだ。
こういう商売はありなのか。

ほかにも、クオリティのアレなものとして、
ヤシガニ、GUN道、だっぽん、などがあります。
興味のある方は是非見てください。
ひどいです(笑)
モンキーパンチなんて可哀想になぁ。
構想10年でこれだもんなぁ。

役者さんも可哀想だよね。
あぁーって思いながら声当ててるんだ、きっと。
私もあぁーってなるような仕様書で仕事をすることもあるから、
仕事ってのは切ないもんだよねぇ、と思ったり。

2006検索ワードランキング(Y!)

しょこたんこと中川翔子が入っております。
のしてるなぁ。
応援してるから頑張れよー!
2ch を検索しなくなったのは、
住人が増えて、ブクマするようになったからだったりして(笑)
私も GyaO は良く検索します。
ブクマしてない上に、URL 覚えてないから(^^;;
[PR]
by xiaoxia | 2006-12-05 17:46 | ネット | Comments(9)

昨日は演奏会でした

昨日は私が入っているアマチュアオケの演奏会でした。

日曜日だったので、マチネ(昼間の公演)となります。
本番は14時からですが、その前にステリハがあるので、
朝9時から集合です。
なんか会社に行くみたいですよ。

舞台の衣装(白ブラウスと、黒スカート/ズボン)を持って、
舞台用の黒いパンプス(普段はスニーカーだから)も箱に入れて持って、
当然楽器も持って、結構な荷物になります。
男性はスーツを持っているので、それ以上だと思いますし、
チェロやトロンボーンなど、大きい楽器は更に大変だと思います。
こういうときは、フルートなどの小さい管楽器は羨ましいですね。

さて、今日はみなさんが普段ご覧になれないところをご紹介。
a0003075_2263048.jpg
これはステリハ後、下手側から舞台を撮りました。
ハープの先生がステリハ後も練習なさっていました。
バイオリンは舞台に向かって左手(下手)から入ります。
暗い下手から明るい舞台に出ると、
やるぞー!という気になりますね。
ハープはバイオリンの後ろにいるんですよ。
今回は鳴り物が多くて、ピアノもいました。
バイオリンのスペースが圧迫されて、ちょっと狭目でした(^^;;

a0003075_2264331.jpg
今回の私の席から、客席側を撮ってみました。
今回はセカンドバイオリンだったので、
ファーストバイオリンの席が写っています。
意外に客席が近いでしょ。
眠っているお客さんの顔が見えるんですよ(笑)

a0003075_227421.jpg
終わったあとは、ランドマークプラザのアンミラで一休み。
イルミネーションがキレイです。
左手奥にライトアップした観覧車がちょっとだけ写っています。

演奏会は、大盛況で困ってしまうほどでした。
どう困ったかと言いますと、
あまりにも大入りだったので、立ち見のお客さんが出てしまいまして、
通路に座り込む方も出たらしいのですね。
それで会場の人が、通路を開けないと消防法に抵触するとかで、
演奏会を始めさせてくれなかったのです。
10分ほどモメまして、
結局数十人のお客様に、仕方なくロビーで聞いていただいたようです。
今まではこんなことがなかったのですが、
全席自由なので、起こりうるといえば、起こりうるわけですね。
次回の演奏会からは、
お越しくださった全てのお客様に楽しんでいただくために、
何か手立てを考えないといけませんね。

さて、今日、会社でお昼を買いに行くときに、
後輩のSちゃんとエレベータが一緒になりました。
Sちゃんは会社のオケでチェロを弾いているのですが、
昨日演奏会だったんだよ!と言ったら、
よく朝から会社来れましたね!と驚かれました。
しかもマチネだったということで、2倍驚かれました。
演奏会ってそのくらい疲れるんですよねー(^^;;

来年は5月に演奏会があります。
曲目未定ですが、
とりあえず今週末にベルリオーズの幻想の初見大会です。
そんな大曲できるのかしら…。

最後に、お越しくださった皆様、有難うございました。
また機会がありましたら、ぜひお越しくださいませ。
[PR]
by xiaoxia | 2006-12-04 18:43 | | Comments(3)

ダメ女プログラマ&主婦&腐女子&バイオリン弾き


by 小霞