「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

3/25の上野公園

3/25の土曜日、上野公園に行ってきました。
大体毎年花見に行っています。

で、サツマイモを揚げたのを食べながら、花見をします(^-^)
この露店がねー、毎年どこに出るかわかんなくてねー、
園内を探し回るわけですよー。
東照宮のあたりに出たり、池のあたりに出たり。
ここ数年は池の方に出るみたいですけどね。

ま、それは置いといて。

今日あたりはもう八分咲きくらいになっているのでしょうけれど、
3/25は全然でした。
二分咲きってところでしょうか。
でも翌週末だと散っちゃってるんだろうなぁ。
a0003075_1972035.jpg
上野公園のメインストリートは、こんな感じ。
宴会の人も少なく、全然咲いていない感じがお分かりいただけるでしょうか(^^;;
夕方なので、ちょっと薄暗いですが、咲いていない感じをおわかりいただくために、レタッチしておりませんの。

a0003075_1973538.jpg
一番咲いている木でも、こんな感じ。
つぼみばっかりです。

来年は、満開の日と週末が重なると良いなぁ。
[PR]
by xiaoxia | 2006-03-29 19:08 | 見る | Comments(7)

屈折させろ!

本日ハマっているゲーム。
refrection (要flash)

レーザーを鏡やプリズムで屈折させて、
全ての電球に当てます。
倉庫番などに近い趣きのゲームですね。

私は忍耐力も瞬発力も動体視力もないので、
こういう「ちょっとだけ思考型」のゲームが一番合っています。
ロープレとかシューティングとか、
全然ダメなんだよねー(^^;;

現在11番に取り組み中。
全部で25問。
頑張るぞ。

1問クリアするごとにパスワードが表示されます。
これがまたビミョウに古い感じで、ちょっと和む(笑)

   ■■■
少女レツナ
閑話休題。
これ、一体どんな本なの!?
レビューがすさまじいんだけど。
少女レツナ

見た目は普通だよね。
でも、「この本を買った人はこんな本も買っています」に
「少女セクト」(男性向けえち百合漫画)があるのがビミョウ。
   ■■■
a0003075_2051562.gif
さらに閑話休題。
今晩最終回のノイタミナ「化猫」なんだけど、初回時のエキサイトのテレビ欄(iEPG)。
「最強猫伝説」ってのは、誰が考えたんだろう(爆笑)
なんつーか安いw?
我が家では夫婦で爆笑したっす。

[PR]
by xiaoxia | 2006-03-23 18:19 | ネット | Comments(15)
もう先週のことになりましたが、
ホワイトデーなんてものがございました。

ワタクシも会社でいくつかお渡ししたので、
もったいなくも、お返しを頂戴いたしました。
来月から異動するから、お別れ記念品ってのもあるんだろうなぁ。しくしく。

頂いたのは、マキシムドパリのクッキー&チョコ。
S課長の奥様、有難うございました。
(多分奥様がお選びになったのでございましょう)

もう一つは、30代独身Mさんから、中国茶の詰め合わせ。
ファイブスターを貸してくれている、オタク仲間の青年です。
「いつもお茶飲んでいるから、好きなのかなーと思って、
 お茶にしました」だそうです。
Mさんの彼女が選んだのか、Mさん自身が選んでくれたのかは不明ですが
(彼女がいるかどうか、知らないんだけど^^;;)、
私のシュミを考えて選んでくれるなんて思わなかったので、
非常に嬉しかったです。
お茶は、工芸茶、普通の茉莉花茶、手揉みの烏龍茶でした。
工芸茶というのは、葉っぱを糸で丸く閉じてあって、
お湯を注ぐと葉っぱが開いて、中からお花がポンと出る、というヤツです。
以前に飲んだときの画像はこちら
手揉みのお茶というのは、普通のお茶は針状の葉っぱですが、
これは葉っぱ1つずつが、くるくるっと巻いた感じになっています。
淹れると青い香りがするので、葉っぱの種類に限らず、
緑茶でも烏龍茶でも、この処理を施した葉っぱが大好きなのです。
偶然チョイスしてくれたものだとは思いますが、重ね重ね有難う、Mくん(感涙

差し上げてない方からも、赤ワインの小さいボトルを頂きました。
ありがたくお料理に使わせていただきます<お酒弱いんだもん
リンゴか洋ナシをコンポートにしたいなぁ。
飲むなら、オレンジジュースと割って飲むかなー。
↑これ、美味しいよ。弱い人におすすめ。
a0003075_13333345.jpg
ダンナからのお返しは、ジェラール・ミュロのマカロン。
最近、マカロンが流行っているらしいと聞いたので、
「ウマいのをひとつ、よろ」とリクエストしました。
しかし、どうやら我が家の辺りでは全然流行っていないらしくて、
非常に苦労して探してくれました。
すまんね、ダーリン。

4種類ありまして、
薄い茶色がキャラメル。めちゃウマ。
濃い茶色がマロン。
オレンジ色のがマンダリンオレンジ。
黄色のが、なんとパパイヤパッションフルーツとバジル。
パパイヤパッションフルーツとバジルなんて、どちらも香りが強くてぶつかるのでは!?と
思わせる組み合わせですが、これまた絶妙にウマい。
今年の新作だそうです。
こんな組み合わせを考えるなんて、さすがやなぁ。
バラでも買えるので、お試しあれ。
追記:パパイヤ+バジルではなくて、パッションフルーツ+バジル、でした。
[PR]
by xiaoxia | 2006-03-20 19:28 | ウマー | Comments(2)

ここ数ヶ月の読書

そういえば、最近、読んだ本の話を全然書いてない。
読んでないわけじゃないっす。
ちゃんと読んでますよ、いろいろ(バラバラとも言う)。

豊崎由美、岡野宏文「百年の誤読」
  トヨザキ社長の超辛口が大好き。胸がすく思いがしましてよ。
川上弘美「ニシノユキヒコの恋と冒険」
群ようこ「またたび読書録」
  人の本棚は面白いので、群ようこの書評系エッセイはたまに読みます。
森茉莉「贅沢貧乏」
喜国雅彦「本棚探偵の回想」
  「~冒険」の続き。相変わらずのダメっぷりがステキ。
神林長平「敵は海賊 A級の敵」
神林長平「敵は海賊 海賊版」
  A級~はかなり面白かった。
  新井素子の男性版みたいなモンだなぁと思った。
  SFのSはどこへ行った!と激怒したくなる人には不向き。
  なんかこう、20年ぶりにラノベらしいラノベ読んだって感じ(笑)
  ハードSFに慣れた身には、SFとして読むのはちとつらい。
熊野純彦「レヴィナス入門」
  レヴィナスの生い立ちや世界情勢を見つつ、その思想の変遷を読む。
  入門なので、思ったより難解ではなかった。
森茉莉「私の美の世界」
澁澤龍彦「女のエピソード」
  薄い。古本でなかったら買うのを躊躇うほど薄い。
E.ゴールドラット「クリティカルチェーン」
  これは激しく面白かった。今のところ、今年一番。
  ダンナにも薦めちゃったよ。彼も絶賛していた。
  生産管理の手法を、プロジェクトに適用する場合の実例を小説風にしたもの。
  プロジェクトメンバーのプログラマやプロマネなら、かなりお薦め。
  実際にこの手法を使うかどうかはおいておいて、
  プロジェクト管理手法を色々知って引出しを増やすのは、良いことだと思う。
川上弘美「溺レる」
  男女の愛情にまつわる短編集なんだけれど、川上弘美だから全然いやらしくない。
  でも湿度高め。
  「ニシノユキヒコ~」よりも川上っぽい。
清水義範「ザ・勝負」
  「ザ・対決」に続く「ザ」シリーズ(勝手に命名)。
  あんまり好きじゃない。
  「~しても○○科」のシリーズは好きだけど。
  やっぱりパスティーシュものが一番面白いなぁ。

漫画の方を入列挙してみるとこんな。

永野護「FiveStarStories」 6-10巻
  そろそろ最新巻が出るみたいですね。アイシャが主人公だとか。
  本誌ではすえぞうストラップのプレゼントがあるようで、
  画像をちょっとみたのですが、なかなか可愛いかも。
魔夜峰央「パタリロ西遊記!外伝」
  外伝の方が面白いなぁ(^^;;
吉崎観音「ケロロ軍曹」11.5巻、12巻
  11.5巻は公式ガイドブックの扱い。ターゲットはお子様だな。
西炯子「LOVE SONG」
  名作すぎ。西炯子好きなら必読。これはすごい。
  アレな漫画も多い西炯子ですが、これはボーイズラブではありません。
山田章博「紅色魔術探偵団」
  やっぱり山田章博はイラストレータだね。
  面白くて大好きだけど、ぶっちゃけ漫画はあんまりうまくないと思う。
・潮田弘子「無明草子」
  確かアニパロアウトに連載(しかも昭和50年代か!?)していたっけ。
  これは掲載時に読まなかった作品ばっかだなぁ。
  連載作品全てを集めた単行本はないんだろうか。
  あ、内容説明すると、ゲゲゲの鬼太郎のパロです。超カコイイです(笑)

斎藤美奈子「妊娠小説」「誤読日記」が読みたいのだが、
図書館ではいつも貸出し中。
なんで?
矢川澄子訳のアナイス・ニンの何かが、最近、文庫に落ちたとか落ちるとか。
これも図書館に入って欲しいなぁ。
アイリス・マードックとかも読みたいんだけど、
全然図書館にない。
そりゃ人気ないだろうけどさ。
山尾悠子がらみも気になっているところ。

   ■■■

激しく小ネタ。

「妖怪人間ベム」アニマックス 04/01(土)19:00から
主題歌
『Justice of darkness -妖怪人間ベムのテーマ』
作詞:森雪之丞
作・編曲:五木田岳彦
歌:きただにひろし
キャスト
ベム:井上 和彦
ベラ:山像 かおり
ベロ:洞内 愛


…違うなぁ。
ベムは小杉十郎太とか、あの路線だろ。
涼やか爽やかなムードが漂っちゃダメだって。
ベラは来宮良子とか、そんな感じで。
古いですかそうですか。

ま、声より絵だわな。
怖い(汚い?)絵だったら許す。
ふいんき重視で。

でもなぁ、ゲゲゲの鬼太郎のリメイクも、
昔のおどろおどろしい雰囲気はなくなっちゃって、
勧善懲悪ステキ少年になっちゃってたからなぁ。
きっとこれもステキな妖怪人間(?)にされちゃうんだろうなぁ。
[PR]
by xiaoxia | 2006-03-14 18:35 | 読む | Comments(9)

ダメ女プログラマ&主婦&腐女子&バイオリン弾き


by 小霞