<   2005年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

バイオリン(orビオラ)弾きの方だけに関係するお話で済みません。

タイトルにもあるとおり、肩当て KUN のことです。

肩当て KUN 使い始め


肩当てに KUN を使っている方は多いと思います。
オケなどで見る限り、7-8割の人が KUN ですね。
私も、小6の 1/4 から 3/4 に換えた時から使っています。

普通の人はもうフルサイズにする年齢でしょうけれども、
私は背が低いので、フルサイズは大き過ぎたのですよ。
その後、フルサイズに換えたのは、中3の時です。
3/4 は鳴りにくいといわれるサイズですけれど、
私以上に背が低い妹も長いこと使ったので、
大活躍し、良く鳴るようになりました。
(文京楽器のピグマリウスでした)

3/4 にしてすぐ、肩当ての選択に苦労しました。
どれを使っても、鎖骨の当たる部分が、真っ赤になるのですよ。
そこで、バイオリンの先生が「最近入手したちょっと高価なヤツだけれど…」と
奥から出してきたのが KUN でした。
これはもう高さもしっくり。
鎖骨も、ちょっとは赤くなりますが、痛くなりません。
というわけで、即決したのでした。

最初のゴム交換


それから10年弱が経過して、大学生の頃、
足のゴムが劣化して、割れてきました。

このままでは楽器に傷をつけてしまうので、
早急にゴム交換をする必要があります。
私の代のコンマスが、どこからかゴム管を持ってきてくれました。
彼は理科生だったので、化学実験用の腐食に強いヤツを、
ちょっとばかし失敬してくれたらしいです。
三角フラスコの口のゴム栓と繋いだり、
途中をピンチで挟んだりする、あの黒いゴム管です。

足にゴムをはめるのは非常に大変なのですが、
このゴム管は、オリジナルのゴム管よりも伸縮性に富んでおり、
はめやすかったようです。
結局全部やってもらっちゃいました(^-^)v

今回のゴム交換


それから 10 年以上経った今回。
このゴムもとうとう劣化して、途中で千切れてしまいました。
オリジナルよりは持ちましたが、やはり10年くらいが限度のようです。
a0003075_22375298.jpg
オケのメンバーに楽器屋お兄さんがいるので、
普段から色々相談に乗ってもらっています。
KUN のゴム扱っていますか?と聞いたら、ありますよ(^-^)と言われたので、
次回の練習日に持ってきてもらいました。

今度は自分ではめにゃならんなぁ、大変だわー(-_-##と思っていたら、
お兄さんがはめてくれるとのこと。
ゴム管の入っている小さなビニール袋に、小さな緑色のカタマリ…?
何かと思ったら、それは石鹸でした。
「うすーい石鹸水をつけると、するっと入るんですよ」
そうなんだー!!
へぇ~へぇ~へぇ~へぇ~!!

絶対、何かウラワザがあると思っていたのですよ。
日に何個もゴム交換しているわけですから、効率よい方法が絶対あるはずだと。
さすが、プロですねぇ。

しかし、たかがゴム管で1個210円(定価)は、ちと高すぎ(怒

より良い方法が?


絶対1個210円は高すぎると思い、ネットでもっと安い店を探そうと思いました。
教えてグーグル先生ー!

そして見つかった以下のページ。
マイスターのQ&A:KUN肩当ての脚ゴムの交換の仕方を教えて下さい。
マイスター佐々木師という方が書いているようですが、
ななななんと、KUN 純正ゴムの代わりに、シリコンゴムを使うとの事。
  ・安い(1mでも500円程度)
  ・軽い
  ・丈夫(ゴムが劣化しにくくニスを傷めにくい)
と3拍子 solo った揃った素晴らしさ。
先にこのページを見つけていれば良かったよーん(;´д⊂

KUN 純正ゴム交換でも、水やアルコール、サラダオイルなどの
潤滑油を使う方法がいくつかググられましたが、
それらの方法は、佐々木師いわく、
  生ゴムが劣化しやすくなったり、またはチューブが抜けやすくデメリットがありますから、私はお勧めしません。
とのこと。
へへぇ。

シリコンゴムは、東急ハンズなどの DIY ショップで購入できるそうです。
KUN に合うのは、外形が約 7mm 、内径が約 5mm くらいだそう。

シリコンゴムの欠点は滑りやすいことだそうです。
よく盛大な音で肩当てを落とす人がいますが、
落としやすい人には向かないかもしれませんね。
肩当の幅を調節すれば、良いんじゃないかなぁと思っているのですが。

私は肩当てを落とすことはないので、
次回は絶対シリコンゴムを試してみようと思っています。
[PR]
by xiaoxia | 2005-03-29 22:39 | | Comments(5)

悩ましい彼

今一緒に仕事をしている人と、考え方が全然合わない。
彼は私と同じ会社の人で、常駐先のお客さんとの間を繋ぐ、SEの業務担当である。
どうやら私の方が3年ほど社会人歴が長いが、
この年齢になってしまえば、3年なんて、どうという差ではない。

彼は入社以来ずっと社外常駐で、
SEと営業の中間みたいなことをしてきたらしい。
純粋な開発メンバとして、プロジェクトに参加したことはないようだ。
彼の参加してきたプロジェクトは web 系ばかりで、
とりあえず作ったデモを作り直しながら、
そのまま実運用になだれこむ、という方法だったらしい。
テスト=実運用の最初の数日、だそうだ。
この会社でも、そのように仕事を進めている。

私は、できるだけ手戻りを少なくして、
既にわかっている部分は、検討してから、製造に入りたい。
彼は、とりあえず作り始めて、問題があれば作り直す、という考え。
既知であっても、彼が検討しなくていけない場合は、後回しにして、
とりあえず製造を開始させてしまう。

全体の仕様を知っているのは、彼しかいないので、
プログラマたちに指示しているのも彼だ。
仕様をちゃんと考えないと、手戻りが発生するのだが、
彼はプログラミングの経験が少なく、
プログラムを書く上で、押さえるべきツボをわかっていない。
あちこちで歪みが出て、「じゃ、全部作り直しってことで」となる。
作り直しを「良くないこと」と思っていないので、
簡単に「作り直し」を口にする。

開発側の最年長は私であるし、経験も長いのだから、
社員として、私には彼の良くない点を指摘して、彼を育てる義務がある。
ソリが合わないながらも、
作り直しはモチベーションが下がるのだよと説明するのだけれど、
その辺の根本の感覚が違うので、全然わかってもらえない。

そんな急ピッチな開発なので、
テスト期間は殆ど無く、必然的にバグが多発する。
改良しているつもりが、改悪していることもある。
それについて、彼は「みんな、気をつけてね」としか言わない。
このままでは今後も再発することは必至であり、
もっと真剣に検討すべき問題だと思ったので、
テスト手順・バグ検出の方法をちゃんと決めて、システマチックに行った方が良いと提案したら、
それは理想論だと一蹴されてしまった。
うーん、困ったなぁ。

彼には、長いこと web 系開発に携わってきたという自負があり、
社内でずっとプログラムを書いてきた私よりも、
知識量も経験量も多いと思っているようだ。
それは一部正しいが、ちょっと違う、と私は思っている。
そう思っている彼だから、私の提案には信憑性がないのだろう。


そんなこんなで5ヶ月ほど一緒にやってきた。

私の仕事の成果を彼に見せ付ければ、
私の意見に耳を貸してくれるようになるのかもしれないが、
それも面倒くさくて、放ってしまった。
威張りたいのならどうぞ、あーえらいえらい(´_ゝ`)と、
生暖かい目で見守ってしまった。

仕事なのだから、ちゃんと彼と向き合わなくてはいけないのだろう。
でも、彼は「殴り合ってわかり合う」系なので、
相手が誰であっても殴りあう気のない私は、
彼のために殴り合おうという気も起きず、放ってしまった。
良くない兆候だとはわかっているのだけれどね。

私には、ある程度接触してみて、わかってもらえなそうだと、
その人間関係を投げてしまう癖がある。
プライベートはともかく、
仕事ではやらないようにしようと思っていたのだけど、
またやってしまった。
反省。

お互い出会った場も不幸だったと思う。
もっと別の場所、例えば自社のプロジェクトで一緒だったら、
こんなぎこちない雰囲気にならなかったかもしれない。
不幸だった、で済ましちゃいけないんだけどさ。

私は今月で自社に戻るので、そんな彼とも、お別れである。
彼は社内のプロジェクトをまとめることはしたことがないようだし、
プログラムが書けるでもないので、
多分、今のまま、ずっと社外常駐で、営業っぽい道を進むのだろう。
そんな彼と一緒に仕事をする機会は、多分二度と、ない。

彼にも良いところはたくさんある。
声が大きくて、元気で、明るくて、お酒が好きで、
人懐こくて、老け顔で、大味で、サバサバしている。
ただ、私とはやり方が合わなかっただけだ。

  アナタには大分つっかかりましたが、良くぞ我慢してくれました。
  私も色々勉強になりました。
  有難う、さようなら。

直接言うことは無いだろうけど。


今日から有給消化に入っているので、
あと、この会社に行くのは、残務処理の 4月1日だけ。
この10ヶ月、長かったような、短かったような。
今まで殆ど起伏のない社会人人生でしたが、
今回の社外常駐は、私の中で結構大きな転機になったと思います。
エンジニアとして得たものは、さほど多くないですが、
履歴書上、数100万PV/日のサイトに関わったというハクは付く…かも?
[PR]
by xiaoxia | 2005-03-25 23:29 | 考える | Comments(23)

TV録画した動画を見る

色々なテレビ番組を、パソコン録画しています。
ビデオ代わりです。
いつもは、テレビに出力して、普通のビデオのような感覚で見ています。

この辺は、パーツ構成や設定など、全て夫任せなので、
どんなキャプチャカードが入っているのやら、
どんなソフトで録画して、どんな形式で保存しているのやら、
全然わかりません。
動画って、あんまり興味ないんだよね(^^;;

見終わった動画ファイルは削除しますが、
気になるものは、そこだけ切り出して、残してもらったりします。
例えば、SMAP×SMAPの最後の歌コーナーで、
弦楽アレンジされた「らいおんハート」とかは、
誰かの結婚式用に編曲することがあったら、参考にしようかなぁと思っていたり。
カラオケのレパにしようと、
ガンダムや仮面ライダー555のOPだけ残してもらったり。
(西川貴教君やISSA君は、声域が近くて歌いやすいのですよ)

その動画を、録画マシンからDLしてきて
自分のマシン(WinME)で見ようとしたら、見られません。
どうやらコーデックがないっぽいです。

動画は MPEG Layer 2 で録っています。
MPEG2 のデコーダって、標準じゃないんですね。
ネットでウロウロ探して、
Elecard のデコーダを見つけました。
早速DLしてインストールしてみます。
Moonlight-Elecard MPEG2 Video Decoder v. 2.1 build 4316
おおっ、Win Media Player で問題なく動画が見られるじゃないですか!

ここの色々なデコーダを使用した感想によると、
これ、画質は非常に良いそうです。
ただし、元は shareware なので、フリー版はロゴが入るらしいです。
気づかなかった(笑)

winamp 2.* ユーザなので、最初それで見ようと思ったのですが、
プラグインが見つからず、断念しました。
MPEG Layer 3 は聞けるようにしてありますが、
Layer 2 を見る日が来るなんて思っていなかったんですよね。
音楽のPVは全部 WMV をDLしていたし(限りなく黒に近いw)。
で、多分、winamp 2.* はバージョンが古すぎなのでしょう。
最新版は 5.* なのですものねぇ。
Ver 3 の出たてのヤツが、非常に不安定だったので、
VerUp せずに 2 系 を使い続けていたのですが、
いつの間にか乗り遅れてしまった罠(涙

この ME マシン、マルチメディア系は全然いじっていないなので、
コーデックは殆ど入れていません。
DivX とかも、多分見られないんだろうなぁ。
今度試してみなきゃ。

技術者的には、デコーダじゃなくて、DirectShowFilter と呼ぶべきですかね。
pin という考え方は、面白いっすよねー。
開発環境のインタフェースも、マジで pin だし。
何となく Lisp のハンドラを思い出したりして。
[PR]
by xiaoxia | 2005-03-17 18:24 | ソフトウェア | Comments(3)
お約束です(笑)
perl5.8 をやったら、必ずと言ってよいほど、
文字コード周りで一度はハマるでしょう。
抜けるのに2日弱かかってしまいましたよ。

perl は 5.8 から、文字コード周りの扱いががっつり変わりました。
5.6 時代のものなんて、そのままでは上手く動くかどうかわかりません。
まして 5.005 とか、jperl なんてのは、更に怪しいです。

どう変わったかと言うと、UNICODE の扱いが正しく実装されました。
まぁ、私たちのような多バイト文字圏のユーザには、
しち面倒くさい設定が必要になるという意味です。
そのため、入出力ストリームの文字コードを指定してやる必要があります。
Java みたいっすねぇ。
Java でもこのあたりは相当悩まされましたが。
ノウハウが溜まって慣れれてしまえば、全く問題ではないのですけれど、
自分なりのノウハウを溜めるまでが、試行錯誤なんですよねぇ。

作りたいものは、RSS の解析&データベースへの投入なので、
1日で終わると高を括っていたら、エライ目に遭いました(^^;;
実際、多分 perl5.6 だったら、半日もせずに終わったでしょうけれど…。

RSS のパージングは簡単です。
最初 XML::DOM を使おうと思っていたのですが、
XML::RSS というのがあるそうなので、そっちを使うことにしました。
apt でもインストールできましたし(libxml-rss-perl)、
ツリー構造なので、直感的な操作ができます。
1 use XML::RSS ;
2 my $rss = new XML::RSS ;
3 $rss->parsefile($file) ;
4 my $title = $rss->{items}->[0]->{title} ;

これで、最初の item のタイトルが得られます。
まぁ簡単(^-^)

因みに、一昨年 C で XML のパージングをした時には Xerces を使いました。
これ「ザーシズ」と読むのですが、
どうしてもヘンデルのオペラが先に浮かんでしまい、
「クセルクセス」とか「セルセ」と読んでしまいます。
キャスリーン・バトルのソロで有名になった「オンブラマイフ」のオペラです。
いまだに、あれ?読みはどれだっけ?と、混乱しています(>_<)

で、パージングの後、得られたデータをDBに投入します。
DBとの通信はモジュールを使って行いますが、
RSS は utf-8 なので、
DBに投入する文字列を euc-jp に変換する必要があります。
XML::RSS は内部で XML::Parser を使用しているので、
得られた文字列には、すべて utf8 フラグが立っているらしいです。
なんスか、utf8 フラグって(笑)

さて、変換の仕方。
ソースファイルを utf-8 で作成します。
1 use utf8;
2 use Encode qw/encode/ ;
3 use open IO => ":encoding(euc-jp)";
4
5 $query = "select * from テーブルA where タイトル='$title' " ;
6 $query = Encode::encode("euc-jp",$query) ;
7 $res = $DB->exec($query);

DB クラスの中で、DB とソケット通信をしています。
そのため、ソチラの OUT ストリームも euc-jp でぇすと指定する必要があり、
3 行目の指定が必要になります。
3 行目の代わりに、
binmode STDOUT, ':encoding(euc-jp)';

と指定しても良いのですが、
今実行している関数と DB クラスはスコープが違うので、
これだと、DB クラスまでその指定が適用されず、euc-jp になりません。
使用しているクラスで出力する操作がない場合は、
binmode でも、ちゃんと euc-jp になっていました。

しかし、たった数行に2日とは、
なんと単価の高いプログラムであることよ(;´д⊂
ま、ハマるというのは、往々にして、そういうものですし。
どうせ、今月でこの会社を引き払うので、
大仕事がもらえなくてヒマしていましたから、良いんですけれどね。

この辺のページが、かなり参考になりました。
ありがたや、ありがたや(-人-)
utf8 フラグについても、手取り足取り腰取り、記述されています。
NDO::Weblog::Elephant NDO::Weblog の Perl カテゴリ
Perl 5.8.x Unicode関連
Perl-5.8 覚え書き
[PR]
by xiaoxia | 2005-03-15 18:13 | プログラム言語 | Comments(12)

edィタ

死せる詩人さんの記事「edィタ」

そこそこ長い間 UNIX を使ってはいますが、
UNIXer というほど使い込んでおらず(だって業務用なんだもん)、
色々な楽しい UNIX ギャグを知りません
(UNIXer 同士の結婚式のスピーチを聞いても、意味がわからない)。

だもんで(静岡弁?)、上記リンク先のエディタについての楽しいジョークも
寡聞にして存じ上げませんでした。
面白いっすねぇ。
UNIXer なら、軽快かつ不便であることを楽しまなくては。
そして積極的に布教(笑)

私は通常 emacs ですが、
プロセスが捕まえているような、
システム関係のファイルをいじる時は vi を使います。
後は、1文字とか、本当にちょびっとだけ変えたい場合も vi ですね。
emacs はバッファ上にコピーしてエディットし、
変更前のファイルをバックアップにしてしまうので、
プロセスが捕まえているファイルが、バックアップ側になってしまうんだもの。

vim だの jvim だのは使えないので、使ったことないです。
日本語入力の方法がわからないんですよ。
日本語を入れないなら、vi で十分だし。
日本語入力は、emacs の skk でやっています。
日本語以外の言語(中韓)も、これで入力します。
自分で使い良いように elisp をいじって動作や辞書を変更してあるので、
そう不便でもないのですよ(^-^)

文字を入力して、ややしばらーくしてからやっと表示されるような、
激遅くて激重い時代から、我慢して深く愛して emacs を使っています。
別にマゾ体質なわけではなくて、ちゃんと理由があって、何故なら lisp 書きだから。
emacs は lisp モードというのがあって、
カッコを閉じると、対応する開きカッコに、一瞬カーソルが飛んでくれるのです。
lisp みたいにカッコばかりの言語は、これがないとカッコがわからなくなります。
ちゃんと閉じないと、コンパイル時に「カッコがおかしい」って怒られるしねぇ。
(lisp にだってバイトコンパイルってのがあるんだい!)

しかし、lisp 書きって少ないですねぇ。
面接で得意な言語を聞かれて「 lisp です」と答えたら、苦笑されました。
何年も lisp 書いてて、それが本当なんだから、仕方ないじゃん。
ホワイトハウスの web ページだって、一部は lisp なんだぞ(マジ)。

WYGIWYG についてですが、WYSIWYG は知っていましたが、
WYGIWYG は初めて知りました。
なるほど、見た目を get するだけでなく、get したいものを get なわけですね。
WYSIWYG っつーのは、エディタで HTML タグじか打ち、
WYGIWYG っつーのは、その HTML を表示したブラウザみたいな感じでしょうか。
上記リンク先の死せる詩人さんは、WYGIWYG がお好きなようですが、
私は WYSIWYG の方が好きです。

追記)この点、解釈が逆だったようです。
TBして下さった死せる詩人さんのリンク先をご覧下さい。

巷で売っている、タグの表示されない HTML エディタは気持ち悪くて仕方がない。
HOTALL というのを使ったことはありますが、
数時間でイヤーな気分になりました。
タグくらい手で打たせろ(笑)
MS-Word に吐かせた HTML ファイルも、殆ど必ず手でエディットします。
あーもうセンス無さ杉!という、激しく汚いソースを吐くんですわ。
できることなら、MS-Word 形式のデータも、自分でいじりたいくらいです。
ちょっとダメな人かも、という自覚はありますよ(^^;;
[PR]
by xiaoxia | 2005-03-10 18:09 | ソフトウェア | Comments(14)

ダメ女プログラマ&主婦&腐女子&バイオリン弾き


by 小霞