<   2004年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

昨日は早く仕事を切り上げて、新橋の古本市に行きました。
夜7時過ぎに駆けつけ、9時の閉店まで、なめるように全ての本を見ました。
ウカツでした。
寒すぎました。
澁澤龍彦関連は、1995年春号のAZが1800円って、プレミア付いてますやん!
他の号が 700円とかなのに!
他に澁澤はなし、森茉莉もなし。
その上、夫へのお土産にクーンツを買ったのですが、
同じクーンツでもディーン・クーンツでなくて、S・クーンツだったみたい。
超ガッカリ。

ちなみに、新橋の古本市は金曜日までの開催予定ですが、雨天中止なので、
トカゲたんのご機嫌次第、金曜日に晴れるかどうかが勝負ですね。

さて、以前、「 telnet クライアントで SSH2 を使う」という記事を投稿しました。
Terminal ソフトとして有名な TeraTerm に SSH2 パッチを当てようという企画だったのですが、
当てなくてはいけないパッチが複数あり、
その順番がよくわからず、自分の中でぐちゃぐちゃになって、
結局脱落してしまいました。
Putty という SSH2 対応 Terminal ソフトを得て、
まぁこれで間に合ってるし良いかぁと放置していたのです。

昨日より、私がぐちゃぐちゃになってしまったパッチの作者さんが
直々にご訪問下さり、コメントを下さったので、
久しぶりに作者さんのHPを見てみると、
パッチたちのバージョンが上がっているではないですか!
以前私が脱落したパッチでの配布ではなく、
バイナリでの配布になったので、
これなら私にもインストールできそうな気がします。

そんなわけで、早速やってみました。

用意するものは以下。
(1)プレーンなTeraTerm
(2)UTF-8 対応版
(3)SSH2 対応版

(2)と(3)はこちら。
(3) には (2) が必須です。
私は TeraTerm に日本語パッチを当てているのですが、
その上に (2)(3) を上書きしてもダメでした。
やはり日本語パッチを当てていない、プレーンな TeraTerm でないとダメみたい。
一応、元の環境は温存して、別ディレクトリに入れることにしました。

・(1)のインストール
・(2)で上書き
・(3)で上書き

いとも簡単に、数分で終了しました(脱力)
問題なく SSH2 でログインできてます。
IPv6 や UTF-8 にも対応していますが、
それらを試す環境がないので、とりあえず、SSH2 の動作確認だけですが。
嬉しすぎる(T_T)

私はフリーウェアの開発などは全然やりませんが、
(ソフトの日本語パッチやコマンドライン用アプリのフロントエンド程度なら
 こっそり公開していたりもします)
シェアウェアは使わないので、殆どフリーソフトを使っています。
昔のお気に入りソフトの投稿にも書きましたが、本当にフリーソフトがないと生きて行けません。
作者さん達には、いくら御礼を言っても足りないくらいです。
お返しにできることと言ったら、人柱になっても良いから、
こうして使ってみることくらいですからね。

そんなわけで、putty を使っているけれども
やっぱり TeraTerm が良いわという方は、使ってみて下さい。
[PR]
by xiaoxia | 2004-10-19 21:45 | ソフトウェア | Comments(4)
徳間書店の「HYPERHOBBY」を、夫が大体毎月買ってきます。
勿論、きっちり全部見ます。

それで発見したのですが、
玩具メーカーのタカラで出している食玩で、
なんと、ミュシャの立体造形を売り出すらしいのです。

出るのは、「花」の装飾パネルの、アイリス、百合、カーネーション、バラと、
「花とフルーツ」の装飾パネルの、花の方。

どことなく顔立ちがマイセンとかの陶器の人形風です。
なんか違うなぁ。
でも買っちゃいそう。
いや、買う。
メチャメチャ引きが弱いので、コンプリートまでに何個買うかが問題です。

しかも、同ページによると、ミュシャ展があるらしいですよ!
2004年11月3日~12月12日:高松市美術館
2005年1月27日~ 3 月27日:東京都美術館
2005年4月27日~ 5 月22日:名古屋松坂屋美術館
2005年6月10日~ 8 月28日:浜松市美術館
2005年9月16日~11月 6 日:島根県立美術館
2005年11月19日~2006年1 月29日:大阪サントリーミュージアム天保山


公式HPはこちら。


作品、ポスター、写真など、240点も出展されます。
彼の作品は殆ど知っていると自負しておりますが、
そんな私も見たことが無い作品がいくつか出ています。
と思ったら、日本初公開のが何点か。
ぐはぁ、楽しみ。
[PR]
by xiaoxia | 2004-10-13 20:55 | 見る | Comments(16)
画像編集ソフトを探しています。
現在、英語版 PaintShopPro 4 を、
「レジストしろ」と怒られながら、騙し騙し使っています。

何故 Version 4 かというと、レイヤ未対応だから。
英語版なのは、日本語版は騙し騙し使えないから。
Version 5 が出た時、レイヤにも挑戦しようと使ってみましたが、脱落。
Photoshop も gimp も使ってみて、脱落。
どうやら、レイヤは鬼門らしいです。
ま、レイヤの扱いは、ぼちぼち覚えようとは思っていますけれど。

ソフト屋として、レジストすべきソフトを騙しながら使うのも気が引けるので、
これに代わるフリーソフトを探しています。
片っ端からDLして使ってみるのもテですが、
現実的に全てやるのは大変なので、先人に教えを請おうと思ったわけです。

条件は以下です。
条件を満たす画像編集ソフトをご存知の方がいらしたら、
是非ご紹介下さい。
(はてなとかで聞けば良いのかもしれないけど、
 レイヤ不要って書いてるのに
 フォトショや gimp を薦めるレスが付きそうだよね)

・Windows(98-2Kのどれかに対応)
・フリー
・レイヤなし
・英語版しかなくてもOK
・印刷ができる

・jpg, gif, png, bmp, tiff 対応、相互変換可能
  できれば透過gifも対応なら尚可
・gif や bmp で色数を変更

・画像の拡大縮小
・画像の倍率は変えずに、画像サイズを大きくする
  (画像の周りに余白を入れる)

・ガンマ補正ができる
・赤青緑を個別に増減
・彩度、輝度、明度、色相を変更できる
・画像をくっきりさせたりぼやかしたりできる
・画像中に字を入れられる
・画像の一部を任意の形に範囲指定できる
  (その部分を切り取ったり、効果をつけたりできる)
・線を引く、範囲を塗りつぶすなどが可能

是非、宜しくお願いしますです。
[PR]
by xiaoxia | 2004-10-06 20:31 | ソフトウェア | Comments(22)

名前、それは萌える命

はるかさん「知りたがる女」にTB。

ハンドルやIDには、色んな気持ちがこめられていたり、いなかったり。

私の Blog でのハンドルの由来は、
以前「カスミちゃん(ハンドルについて)」で投稿したので割愛しますが、
このほかに、良く使うHNが2つあります。

Winny や WinMX が普及する前は、
ファイル交換は掲示に URL を載せるという方法で行われていました。
「とび歌」「サムデコ」「魔女」などといわれる、
有名な板に、私もちょこちょこ出入りしていたのでした。
そこでは、UP職人さんが上げてくれたファイルを落としたら、
お礼のレスを入れるのですが、その時は主に「軍曹」を使っていました。
何しろ限りなく違法の香りのする板ですから、
女性だとバレたら、IPブッコ抜かれたり個人情報暴かれたりしそうですので、
口調にはくれぐれも気をつけて、女性だとバレないようにしていたのでした。
それで、HNも「軍曹」という、女性を感じさせないものにしていたのです。
一人称は、体育会系に「自分」でしたしw
特にクラシックがUPされた時は、殆どと言っていいほどDLしていたので、
レス中に「軍曹」というHNを目撃した人も、結構いるかもしれません。

何故「軍曹」にしたかというと、「ハンドル占い」というのをやったら、
HNの最後に「軍曹」をつけると、運気が上がる(笑)らしいとわかったからです。
それで「軍曹」だけ残りました。
運気の方は、どうなったのか、よくわかりませんが。

そのほか、中高生時代から使っている、「りょう」というHNがあります。
当時はネットなんてやっていませんでしたから、HNでなくてPNでした。
腐女子活動用でしたので、まさに「萌える命」でした(笑)
と言っても、私は腐女子小説も腐女子絵もかけませんから、
友達のアシスタントをした時の、謝辞に使ってもらっていました。
(枠線引いたり、ベタ塗ったりして手伝うと、
 本や作品の最後の謝辞に、名前を列挙してもらえるのです)
しかし、「りょう」を使っている人は結構多いので、
掲示板などでは中国語で「liang」と書くことが多いです。
由来は……若気が至りすぎているので、ちょっと言えません(照)
本当は「りょう」だけでなくて、もっと長いのですが、
更に若気が至りまくりで痛いので、夫にも言えないおります(爆照)

通販で本名を書くのに気が進まない時も、
名前を「りょう」にすることがあります。
呼ばれると返事ができるくらいなので、
HNというよりは、もう本名に近い気分です。
オフ会でも「カスミです」でなく「りょうです」と名乗りそうになります。

普段は旧姓を使っていて、新姓なのは保険証くらいですから、
本名を呼ばれるのは、病院くらいのもので、あまりピンと来ません。
そう考えると、「りょう」というのは、自分で自分にラベリングした分、
意図せずそうなってしまった本名(結婚しても苗字を変えたくなかった)よりも、
ずっと私に近いのだと思います。

名前というのは、ただのラベルでありながら「燃える命」(byゴダイゴ)だったりして、
不思議なものです。
[PR]
by xiaoxia | 2004-10-01 21:15 | ヲタクで腐女子 | Comments(17)

ダメ女プログラマ&主婦&腐女子&バイオリン弾き


by 小霞