カテゴリ:ソフトウェア( 80 )

自分的必須Winアプリ

以前の記事をつらつら見直してみた。
必須なアプリの記事を定期的に書いている。
そのラインナップがまた現在とちょっと違うのが面白い。
きっと数年経ったらまた変わるのだろう。
ということで、今現在の自分的必須アプリを列挙してみる。

ちなみに会社マシン。
10個挙げようと思ったけど、そんなに無かった。
ドキュメントかソースを書くだけの簡単なお仕事なので、
エディタと MS-office と開発ツールがあれば基本的には十分なのねん。

xyzzy
lisp 処理系を持つエディタ。
これはもう客先に行っても絶対入れる。
一番に入れる。
これがないと死ぬ。
インストールダメ絶対とか言われたら確実に死ねる。

■Paint Shop Pro4
画像処理用。
超古いけど、レイヤ機能がないところが簡易で便利。
(Ver5 からはレイヤ機能がある)
こんなに長く試用版を使ってるのは良くないのだろうなぁ。
png の透明化処理などはできないので、
そういう時は Irfan を使う。

Firefox
アドオン命なので、
お気に入りアドオンが対応している古いバージョンを使っている。
chromeは開発用なイメージなので、
あまり食指が動かない。

Thunderbird
メーラーは長いこと Eudora と nPOP だったけど、
公式対応が終了してしまったこと、
メール形式が独自で他メーラーとの相互変換が不自由なこと、などから
移行を検討していた。
自宅では EdMax を試しに使っていたが、
インタフェースが古いので、
会社では Thunderbird にした。
やはり世界的に使われているメーラーは、
他メーラーとの相互変換がラクだ。

LHMELT
圧縮解凍用。
アドオン(dll)を入れることで色々な形式に対応。
楽チン過ぎないところが良い。
「アイコン上にファイルをドラッグして解凍」とか、私には向かない。
デスクトップにアプリのアイコンが並ぶのも嫌いだし。

WinMerge
ファイル間/ディレクトリ間の差分を表示。
プログラムソースのチェックには必須。
UTF-8などの文字コードにも対応しているところ、
アドオンで MS-office の各種ファイルにも対応できるところがステキ。

Eclipse
上記リンクは日本語版の pleiades。
ああ私もとうとう GUI で開発する人になっちゃったなぁ(笑
Android アプリの開発は、さすがに Emacs では無理だった(^^;;
このテの開発ツールはあまり使っていなかったのだけど、
java と Android 開発には便利。
つか必須。

■そのた
後はプロジェクト次第で subversion だの CVS だの VSS だの。
svn は tortoisesvn でなく RapidSVN を使用。
tortoise は勝手に右クリックにメニューを入れられるのが嫌で、
一度入れたのを消してしまった。
ほか、リモート接続系は TeraTerm, PuTTY, WinSCP。
どれも使う。

自宅では、動画や静止画と音楽用のダウンロード・変換・編集作成・再生など、
マルチメディア系ソフトが色々入っている。
それはまた機会があれば。

というわけで、皆さん良いお年を。
[PR]
by xiaoxia | 2011-12-28 17:41 | ソフトウェア | Comments(0)
■現状

標準プレーヤーでmp3を再生すると、
ジャケ画像(アルバムアートとかアートワークとかいわれるヤツ)が
化けるファイルがある。
発生比率としてはファイル数の 1/5 くらい。
化けるというか、画像全体ブロックノイズみたいな状態になっている。

正しく表示できているファイルもたくさんある。
iTunes を使っていた頃に、自動DLされてファイルに埋め込まれた画像とか。
自分でタグ編集して埋め込んだ画像でも、
ほとんどはちゃんと表示できる。

画像は正方形でなくても良いみたいだ。
アス比保持して表示してくれるファイルもある。

■ジャケ画像を埋め込んでいる手順

(1) 図書館でCD借りる
(2) mp3にする
(3) Amazonからジャケ画像DL
(4) ID3v2.4 UTF-8でタグにジャケ画像を埋め込み
(5) PCにGalaxySを接続してファイラでmp3をコピー
(6) 標準プレーヤーで再生
-> ジャケ画像がジャキジャキに化けてる!?

■試したこと

※ 標準プレーヤーでの確認時は、毎回キャッシュ消してから起動してるから、
ジャケ画像が更新されていれば表示もちゃんと更新されるはずだよね?

・GalaxyS内でタグ編集
PCからGalaxySにコピーしてから、
mp3タグ編集アプリで開いていっぺん「保存」する。
そのあと標準プレーヤーで開いてみる。
でもダメなファイルはやっぱりダメだった。
追記:
この方法で直るものもあった。
ただし、プレーヤー起動の前にキャッシュを全部削除して、
RAMも全部クリアする。
その後プレーヤー起動すれば、
ジャケ画像サムネイルが再作成される。

・タグ画像のmime type
image/jpeg, image/jpg, image/png あたりは
別段どれでも大丈夫だし、
ダメなファイルはダメだった。
これはこの不具合には無関係のように見える。

■まだ試してない

・ID3 v2.3 UTF-16 で保存してみる
・画像を小さく(200x200くらい)にしてみる
・画像を正方形にしてみる
・全部pngにしてみる

■ぐち

ジャケ画像再生の仕様がわからないんだよなー。
検索しても引っかからないというのは、
誰もトラブってないのだろうか。
てことは、私が悪いのだろうなぁ。
何しちゃったんだろう私(´・ω・`)

追記:2012/06/29
まだ直ってない。
SDカードフォーマットしてみたが変わらず。
png画像、正方形にする、も試してみたが変わらず。
[PR]
by xiaoxia | 2011-10-19 18:07 | ソフトウェア | Comments(2)
VMware View Client を使って、
VMware View Portal に接続しようとしたが、
エラーが出て接続できない。

環境


Windows XP
Internet Explorer 8 (IE8)

現象


「View Server への接続を確立しています」のあと、
「View Server https://****:443 への接続を確立できませんでした。 」
というメッセージが表示される。

C:\Documents and Settings\***\Local Settings\Application Data\VMware\VDM\logs
以下にあるログファイル
debug-yyyy-MM-dd-hhMMss.txt や log-yyyy-MM-dd.txt というファイルの中
以下のようなログが出力されている
hh:mm:dd,921 ERROR <TunnelRead> [MessageFrameWork] Socket: Socket::connect: Unable to connect to '****:443', Error 10060 (接続済みの呼び出し先が一定の時間を過ぎても正しく応答しなかったため、接続できませんでした。または接続済みのホストが応答しなかったため、確立された接続は失敗しました。)
hh:mm:dd,921 INFO <TunnelRead> [wswc_tunnel] Tunnel Unnamed: Could not start server ****, reason: Socket: Socket::connect: Unable to connect to '****:443', Error = 10060 (接続済みの呼び出し先が一定の時間を過ぎても正しく応答しなかったため、接続できませんでした。または接続済みのホストが応答しなかったため、確立された接続は失敗しました。)


サイトにまったく接続できないわけではなく、
初期パスワードの変更などは可能。
なので、ポート443 が完全に閉じているということではない。

解決


インターネットオプション
 → 接続
  → LAN の設定
   → 詳細設定
「すべてのプロトコルに同じプロキシ サーバを使用する」に
チェックを入れる

HTTP, Secure, FTP, Socks などに同じプロキシ IP を指定していてもダメ。
チェックを入れないとダメらしい。

2時間悩んだのに簡単すぎて泣ける。
トラブルというのは往々にしてそういうモンなのだが。
[PR]
by xiaoxia | 2011-09-16 18:21 | ソフトウェア | Comments(0)
だって Kies って重いんだもん。
自宅機にインストールしたけど、
マシンが遅いのもあって、
もうやだ!ってくらい時間がかかった。

OS: WindowsXP

超参考にしました:
GALAXY SのUSB Driver - GSHダラダラ日記

注:
2012年5月
以下のsamsungのGalaxySのページに、
kiesのリンクのほか、
ドライバだけのリンクもありました。
日本のsamsungのページだとあるみたいです。
(外国のには、ドライバだけというのがないページもあった)
http://www.samsung.com/jp/support/model/SGH-N013HKNDCM-downloads

(1) Universal Extractor をインストール


これが嫌な人は、残念だけどここで諦めてね。

Universal Extractor | LegRoom.net

インストール後、起動。
起動直後は英語だけど、設定の中で言語を選択できるので、
日本語を選んで日本語化できる。

(2) Kies をダウンロード


Samsung GALAXY S Andriod Smartphone - GALAXY S - Smartphone - mobile phones | SAMSUNG

Download → Software → Kies_2.0.1.11053_99_3.exe (今日現在のバージョン)

(3) Universal Extractor で Kies を解凍


ダウンロードした Kies.exe と、解凍先ディレクトリを指定して実行。

2番目の「InstallShield /b switch」を選択。
警告が出るけど、気にしないで実行。

注意:
1番目の「isxunpack」を選択しても、エラーで解凍されない。
3番目の「InstallShield installerではありません」を選択すると、
意図したものと違うものが出力される。
(7-zipで解凍されるぽい)

そのまま続けると Kies のインストールが始まってしまう。
「インストールで使用する言語を選択してください」が表示されたら、
そこで「キャンセル」。
キャンセルしても、解凍はできているので問題なし。

(4) もう一回解凍


以下のファイルができていることを確認。
出力先ディレクトリ/uni_*******/Samsung Kies.msi

msiexec で直接解凍も試みたけど、
「setup.exeからやれ」とエラーが出て、解凍できなかった。
ので、また Universal Extractor を使用。

1番目「MSI 管理者用 Installer」を選択。

注意1:
2番目「MsiX 解凍」、3番目「MSI TC Packer 解凍」ともに、
ISSetupFile...なるファイルが出力され、
意図したものが出力されない。

注意2:
また、解凍先は、"Samsung Kies.msi"があるディレクトリとは
違うディレクトリを指定する。
エラーで解凍できない。

(5) USBドライバを探してインストール


以下のファイルをができていることを確認。
(4)の出力先ディレクトリ\program files\Samsung\Kies\USB Driver\
SAMSUNG_USB_Driver_for_Mobile_Phones.exe

この exe をクリックしてインストールすればOK。

Galaxy S を USB で繋ぐだけで、
自動的にストレージとして認識される(^-^)v

追記:
ダンナに「ドライバだけダウンロードできるよね」って言われた。
未確認なんだけど。
まじすか!?
[PR]
by xiaoxia | 2011-07-26 17:41 | ソフトウェア | Comments(3)

WPBF と Thunderbird の連携

環境:
Windows XP
Thunderbird 3.1.11
WPBF 2.91J

WPBF のプロパティ
 →メーラ連携
  → 連携するメーラ「Netscape Mail 3.x(日本語版)」を選択
    「プログラムの場所」「作業フォルダ」は Thunderbird のそれを指定

連携するメーラの選択肢には Thunderbird がなく、
連携ウィザードでは捕捉できなかった。
ひょっとしてねすけメールでいけるんちゃう?と試してみたらビンゴ。

いまどき biff なんか使ってる人も少ないのだろうな。
普通メーラって常駐だよねぇ。
仕方ないんだよ、テレホーダイ世代なんだから!

このところ、自社に戻ってきて
マシン環境を色々いじっているので、
こんな関係の記事ばかりだな。
[PR]
by xiaoxia | 2011-07-07 17:58 | ソフトウェア | Comments(0)
7月から、派遣先から自社に戻ってきました。
派遣先にいた約1年の間に、
ネットワーク設定が変わって(主に厳しい方向に)て、
メール受信みたいな簡単なことでハマってみたり。
そして解決方法を調べるのに大層苦労した。
グループ企業のサイトまでアクセス制限されてて、
いちいちパスワード入力しないと
FAQなどが見られないんだもの。
なんと言うかこう、ちょっとヒステリック過ぎやしないかと。
ISMS 的には仕方がないのか。

環境:
Windows XP
Thunderbird 3.1.11
(Thunderbird 5でも同様の状況が発生したので、
ダウングレードしたの)

メール受信時にエラーが出て受信できない


他のメーラーたちは問題なく受信できるのに、
Thunderbird だけはなぜか受信できない。
(メーラーを3個使っているの)

エラー: [Exception... "'Component is not available' when calling method: [nsIActivityManager::removeActivity]" nsresult: "0x80040111 (NS_ERROR_NOT_AVAILABLE)" location: "JS frame :: file:///D:/mozilla%20thunderbird/modules/activity/pop3Download.js :: anonymous :: line 158" data: no]
ソースファイル: file:///D:/mozilla%20thunderbird/modules/activity/pop3Download.js 行: 158


修正方法:
オプション
 → 詳細
  → ネットワークとディスク領域
   → 接続設定
    × システムのプロキシ設定を使用する
    ○ 手動でプロキシを設定する

同じドメイン内(同じ LAN ではない)に POP3 サーバがあるので、
同じドメイン内はプロクシを使用しないように指定。

部署内から出るプロキシは要パスワードなのだが、
システムのプロキシ設定の踏襲では、
パスワードを要求するダイアログが表示されない。
それで部署内から出られなかったようだ。
手動で設定したら無事にメールを受信できた。
プロキシが使われるのは、
例えばアドオン取得時みたいな http だけと思っていたので、
かなり意外だったし、
かなり悩んだ。

自動でメールを受信しない


受信ボタンを押すと受信するのだが。

修正方法:
ツール
 → アカウント設定
  → (当該の)サーバ設定
   → レ 新着メールがないか○分ごとに確認する
     レ 新着メッセージを自動的にダウンロードする
   → 「詳細」ボタン
    → × このサーバアカウントの受信トレイ
      ○ 「共通受信トレイ」または「別のアカウントの受信トレイ」
       レ 新着メールの取得時にこのサーバも同時に受信

新着メールの確認間隔を設定するのに加えて、
新着メールの取得時に~へのチェックも必要らしい。
理由は不明(気になるけど)。
[PR]
by xiaoxia | 2011-07-04 17:31 | ソフトウェア | Comments(0)

Evernote を使ってみた

巷で大流行の Evernote ですが、
こんな仕事してるのに超アナログな私は
特に必要性を感じなかったので、
今まで使わずに来ました。
が、最近、仕事で Evernote を使わざるを得なくなりまして。
ちょっと使ってみてわかったことをメモ。
まぁもうみんな知ってることばかりだと思うけど。

使ってみた


■全体について
・当然ながら、win 版で同期中に web 版使ったりすると、ノートブックなんかがぐちゃぐちゃに
・しかし同期はかなり遅い
・ネット上と同期しなくて良い場合は、ノートブック作成時に「ローカル」を選択
・後から「これ同期しなくていいわ」という指定はできない?
 → 最初から「同期しなくて良いノートブック」を1個作っておく運用が良いかも

■win 版について
・画像ファイルを3つ選んでD&Dすると、1つのノートに3つ入る。
 3つノートができるわけではない
・ノートブックを階層化できる

■iPod Touch 版について
※ iPod Touchは初代で、OSはver3
・win 版と違い、同期間隔は指定できない
・オフラインでも一応使える
 → オンライン時にノートを表示して、キャッシュに落としておく必要がある
 → キャッシュはいつ消えるかわからない
・ノートに付与されたタグや、所属するノートブックの変更はできない
・現在、階層化ノートブックは未対応
・テキスト入力はプレーンな文字列を入れるのみ
 win 版のようにテーブルを入れたり文字飾りを付けたりはできない

■iPad 版について
※ iPad は初代
・同期間隔は指定できない
・ノートに付与されたタグや、所属するノートブックの変更はできない
・貼れるファイルは、ローカル画像と新規録音の音声のみ?
・現在、階層化ノートブックは未対応
・テキスト入力はプレーンな文字列を入れるのみ

まとめの感想


・iPod Touch や iPad は、主にビューワーとして使うことを想定されているのかも
・同期の遅さはなんとかならんのか
・検索も遅い
・画像も web クリップもメモも、1つのソフトでまとめられる点はやはり良い
 なんでもメモできる分、書誌情報などの特化した情報の管理には不便
・オンラインでの使用が前提すぎる
 ネット環境がない場合ももっと想定されるといいな
[PR]
by xiaoxia | 2011-05-18 12:53 | ソフトウェア | Comments(0)

Windows で Titanium を使う

はじめに


HTML と javascript でアプリをサクッ!と作ろうというのが
最近ネットの一部でちょっとアツくなっていた。
特に Titanium というソフトを使うのが
メインストリームだったのだが、
インストール後がどうにも動かず、泣く泣く諦めた。
で、似たようなソフトで PhoneGap というのがあるので、
先日 PhoneGap の試用について書いた。
女プログラマってどうよ? : PhoneGap について

Titanium は、インストールの後はログインが必要なのだけど、
オフラインになってしまい、
接続できないというエラーになっていた。
「無線なら上手くいった」とか
「Macなら大丈夫」とかいうブログ記事を読み、
proxy 越しの接続に問題があるのだと考えていた。
しかし、Titanium の中の人エンジニアは
FAQ でも「proxy 設定したらいいよ」しか言わず、
接続できない人たちはやっぱり接続できなくて
途方にくれている、という状態だった。
私もそこで Titanium は諦めて PhoneGap にした。

インストールできた!


12/15 に Titanium バージョンアップのお知らせが来た。
では最新版では直っておるかと思い、使ってみた。
当初、普通にインストールしただけでは前版と同じ状態で、
ログインできない。

バージョンがあがったことで、
また新しい FAQ が出てないかなーと見たところ、
以下で、解決方法を発見した。
#332 Unable To Package - Titanium Desktop - appcelerator

Titanium をインストールした先の
Resources/js/index.js の 939 行目付近の以下の部分を
まるっとコメントアウトしろと。
// if offline, don't attempt
if (Titanium.Network.online == false)
{
$('#tiui_cloud_on').css('display','none');
$('#tiui_cloud_off').css('display','inline');
if (typeof(fCallback) == 'function')
{
fCallback({offline:true});
}
return;
}

これで本当に直ってしまった。
ちゃんとログインできた。
ツボは、
  右下のネットワーク接続を示すアイコンは「オフライン」になるが、
  そんなのキニシナイでログインを強行する
ということ(笑)

ログイン後、起動すると右上に「新しいバージョンがあるよ!」が出るかも。
出たら適用しておく。

下ごしらえ


java SDK、Android SDK などは導入済みという前提で。

Android SDK を設定


左上 Perspectives から、一番右をクリックして出てきた画面で設定

環境変数 JAVA_HOME の設定


最初の設定はこんな感じ
変更前の設定
  JAVA_HOME = C:\Program Files\eclipse\eclipse\jre\bin
  PATH = .....;%JAVA_HOME%;...

ところがこれだとエミュレータで実行しようとするとエラーになる。
[ERROR] Required jarsigner not found
[ERROR] Required javac not found
[ERROR] Required java not found
[ERROR] One or more required files not found - please check your JAVA_HOME environment variable

以下が、修正してうまく行った設定
変更後の設定
  JAVA_HOME = C:\Program Files\eclipse\jre1.6
  PATH = .....;%JAVA_HOME%\bin;...

JAVA_HOME から bin を除いて、PATH の方には bin を入れる。

環境変数 ANDROID_HOME の設定


以下のページを参考に 環境変数 ANDROID_HOME を設定。
Titanium Mobile 開発環境構築 on Windows XP - どぅーちゅいむーにー
aapt というコマンドがあるところにもパスを通すため。

作ってみる


作り方は、以下の方法でOK。
HTML+JavaScriptでiPhone/Androidアプリを作れるTitanium Mobileとは(2/3)- @IT
上の記事で、現在は Kitchen Sink のリンクが変わっている。
appcelerator/KitchenSink - GitHub
「Downloads」をぽちって、zip をダウンロードしておく。

KitchenSink を試す前にまず、新しいプロジェクトを作って、
すぐ「Launch」してみるのが良いと思う。
プレーンな状態で実行しておくと
環境に問題がないかどうかがわかる。

KitchenSink は何ができるかというデモのプロジェクト。
これを流用すれば、ほとんどのアプリはできちゃうのではないかと思う。
環境に問題がないことが確認できたら、
KitchenSink を動かしてみるのが良い。
先ほどダウンロードした zip を解凍し、
新規にプロジェクトを作って、
その Resource 以下を上書きするのが良いらしい(以下参照)。
もぎっちゃうぞもぎ私的メモ:Titanium:サンプルプログラムKitchenSinkが実機に転送できないー>解決

Tips


デモを動かしたり、こんにちわ世界をしてみただけだけど。

■コンパイル中に Titanium のコンソールにエラーが表示される
[ERROR] Failed installing jp.co.ntt: Can't dispatch DDM chunk 46454154: no handler defined

SDK は「APIs」と付いているものを選択したら直った。
理由は相変わらずよくわからない。
SDK を変更する場合は、
タスクマネージャから adb のプロセスを終了してから
エミュレータを起動する。

■エミュレータの設定は自動登録されるみたい
Launch をぽちるとエミュレータが起動するが、
起動したものは自動的に SDK マネージャに登録されるようだ。
ロケールや proxy を毎回設定しなくても大丈夫。
しかし PhoneGap を使っていたときの設定は使えないようだ。
そっちを起動していても、Launch すると別なのが起動してしまうか、
もしくは、既に起動してますよエラーになる。

■最終手段はクリーンビルド
直したはずなのにまたエラーが出る。
そんなときはクリーンビルドしてみる。
しかしそんなメニューはないので、
%Titanium%\project\build\android 以下を手動でがっつり削除。
古典的手法ながらかなり有効。

感想


■動作が超速い!
もう PhoneGap とは比較にならないほどサクサク!
あんまりにも違うのでびっくりした。

■コンパイル時間も転送時間も長い?
ネイティブコードにコンパイルするためか、
一番最初はエミュレータで実行するにもえらい時間がかかる。

■エミュレータの起動が遅い?
Android のエミュレータは遅いと評判だが、
Launch から起動すると更に遅い感じがする?

■省電力?
エミュレータをLaunch から起動すると、
すぐに休止モード画面になってしまう?
SDK マネージャから動かすとヘイキなのに。

■デバッグの方法?
PhoneGap はほぼ web アプリだったので、
web ブラウザでデバッグできたが、
Titanium は「なんかおかしいので終了します」というアラートが出るのみ。
Titanium のコンソールを「Info」にしてあるのに、全然情報出ない。
どこが悪いのかわからず、デバッグしづらい。
そのうち「Sorry!なんて謝るなよ!何があったか教えろよ!」と立腹(笑

■■まとめ
PhoneGap と比べてどうかという話であれば、一長一短だろうか。
ありきたりの感想だけど。
私には、独自 API 仕様を覚えなくちゃならないのは面倒くさい。
でも、動作のサクサクっぷりは本当にびっくりする。
開発のしやすさは PhoneGap、
動作のうつくしさは Titanium Mobile、と言ったところか。
[PR]
by xiaoxia | 2010-12-20 14:08 | ソフトウェア | Comments(0)
注意:公式に用意されているものを適用するわけではないので、
最悪使えなくなる(スマホ界隈では文鎮と表現)ことを覚悟してください。
覚悟のない人はダメ絶対!

画面のキャプ撮りながらやってみたけど、
あとで見てみたらあんまり大した内容じゃなかったんで、
画像入れるのやめた(^^;;

(1) 本体の root を奪取


これをすると保証が受けられなくなる可能性があるので、
自己責任でお願いします。
やり方やツールは、他のページでお調べ下さい。

(2) 以下を参考に、本体の /efs/ のバックアップを取る


[Galaxy S/Tab] /efs/ バックアップのすすめ ≪ Gagdet's Blog
http://gagdet.wordpress.com/2010/11/25/galaxy-stab-efs-%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81/
まだあまり使っていない端末なので、結果的にあんまり意味なかった。

(3) レジストリのバックアップを取る


後でレジストリのキーをいじるので、一応。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Samsung

(4) アップデートを入れる


Odin3 ではなく、Kies を使用。
もう Odin3 というツール自体、
samsung からはダウンロードが見つけられない。

初めにレジストリのキーをいじるが、
私の場合は HKEY_CURRENT_USER\Software\Samsung\Kies\DeviceDB\ 以下には
1 ~ 5 までディレクトリがあり、
あちこちに該当するキーがあったので全部変更してみたが、
これは正しくなかったようだ。
ある1つのディレクトリ以下の値を変更すべき。
全部揃っているディレクトリは、多分1つしかない。

以下のページを参考にする。
細かいところまで熟読してね!

・Galaxy S 新ファームXXJPCへのアップデート方法|コジーのブログ
http://ameblo.jp/kojiibb/entry-10634841770.html
・ [Galaxy S] Android 2.2 Froyo (I9000XXJPC) を入れてみた ≪ Gagdet's Blog
http://gagdet.wordpress.com/2010/08/31/galaxy-s-android-2-2-froyo-i9000xxjpc-%E3%82%92%E5%85%A5%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F/

(5) お約束のトラブル:アップデート終了後に起動しない!


ダウンロードからアップデート、起動画面が出るまで数分。
速かったし簡単だった。
ここまでは。

しかしその後がなんか上手く行ってないっぽい。
マナーモードにしてあるので、音は鳴らない代わりにブルッとするのだが、
1-2 分おきに何度もブルッとして10分以上起動しない。
電源ボタン長押しで、工場出荷状態にしてみようとしたが、
やはり起動しない。
戻るボタンなどの電気が消えている様子を見つつ、
電源ボタンを押したり、数分放置したりしてみて、
10分後に GalaxyS という起動画面が出て、ちょっとやれやれ。
しかし、起動画面中も頻繁にブルッとするが、一向に変わらない。
そのうち画面が暗くなっても、戻るボタンは電源が点いたまま、時々ブルッ。
電源ボタン長押しを何度やっても変わらず。
途中、USB ケーブルを外してしまったので、
USB も認識させることができなくなり、
adb shell などが使えない。
どうすんの!
客先の機材なのに!
このまま文鎮!?
マジで滝汗。

(6) リカバリモードで再起動


ああでもないこうでもないといじること小一時間。
ついったーに泣きついたら、
@nagumosan @norahmodel @bekehapi の各氏が助言をくれた。
皆さん本当に有難う(滂沱)
助言の通り、リカバリモードで起動させたら、めでたく再起動。
そしてラッキーなことに、OS も Android 2.2 にバージョンアップされていた!
もう一度最初からやらなくちゃと思っていたのにラッキー。

そして OS の初期状態がドイツ語!?
ドイツ語はまったくわからないので、うろ覚えな感じで初期設定。
WiFi も無事に使えた。
(SIM ロックフリーだから SIM なしなの)
よかったよかった(^-^)

ちなみにプロクシの設定は、
Wi-Fi settings → Menu ボタン → Advanced
から可能。
前みたいに AP の設定からやるわけじゃないので、
一見わかりづらい。
設定画面なのに Menu ボタン押すとか、
I/F おかしいと思う。

本体のスペックで変わったところは、こんな感じ。
I9000XXJM1 → J9000XXJPP
kernel 2.6.29 → 2.6.32.9

XX というのは欧州版という意味だそう。

(おまけ) 教訓


先人のブログは面倒くさがらず細かくちゃんと読むこと
今回助けてもらったように、誰かが困っていたら助けてあげること
[PR]
by xiaoxia | 2010-12-01 18:09 | ソフトウェア | Comments(0)

PhoneGap について

http://d.hatena.ne.jp/naoya/20101020/1287542202
id:naoya の上記エントリのせいか、
JavaScript を使って iPhone や Android のアプリを開発するのが
最近ちょっとアツいカンジ。
なので、ちょっと試した感じを書いてみるよ。

OS は WindowsXP。

Titanium:実行できず


Mac は持っていないので、Android のアプリを開発するため、
一番 hot な Titanium を使ってみようと思った。
いざインストールしてみると、まず環境構築でコケる。
windows では、インストールが済んで起動画面までは出るが、
起動数秒後に、どういうわけかオフラインになる。
無線 LAN だと大丈夫らしい。
http://d.hatena.ne.jp/RC3/20100220/1266622453

諦めて Linux(CentOS5.4) マシンがあったので、そちらに入れようと思ったら、
GLIBC(libstdc++) が古いと怒られ、
yum で新しい gcc 入れようと思ったが、全然新しくない。
じゃ gcc_4.5.1 を野良インストール始めたら、
stage 2 と stage3 の diff でエラーが出て一向進まず。
諦めて Fedora12 の libstdc++_6.0.10 を入れてみたら
(rpm 解凍して /usr/lib 以下に置いてリンク張るという荒業)、
見事インストーラ起動。
しかしその先はネットに繋がらず、
他のインストールファイルをダウンロードできない。

ネットで情報を調べても、
公式 FAQ の中の人は「HTTP_PROXY 設定しる」しか言わないし、
多くの人が Mac ユーザだったり、
古いバージョン(インストール方法がちょっと違う)を使っていたりと、
全然参考にならない。

PhoneGap:実行できた!


万策尽きて PhoneGap を見直してみたら、
マイナーバージョンの更に枝番が更新されていた。
インストールしてみたら、全然違ってるじゃん!
というわけで、PhoneGap を使うことにするYO☆

■準備
WindowsXP
JDK
Pleiades 日本語化 Eclipse 3.6.1
PhoneGap 0.9.2
Android SDK

Eclipse, java などはインストールしておく。
Android SDK も Eclipse から使えるように設定しておく。
このあたりは、あちこちに説明があるから、そちらを参照。
以下のページなど。
JDKとeclipse、SDKのインストール
http://android2010.seesaa.net/article/146508191.html

■ PhoneGap
PhoneGap をインストール。
0.9.1 は ant で make する必要があった(と思う)が、
0.9.2 は zip を解凍するだけで使用可能。

■ eclipseでプロジェクトを作成
新規の場合:
新規プロジェクトの作成から android プロジェクトを作成しても良いが、
「インポート」の方が簡単だったのでおススメ。
PhoneGap の中に同梱されているサンプルソースを元にして
インポートするといい。

既存の場合:
削除しちゃったプロジェクト(プロジェクト一覧にない)を開くときは、
通常の java プロジェクトだと新規と同じ操作で開けるけど、
android プロジェクトの場合は、
workspace に既にあるので作れませんというエラーがでて、
新規と同じ操作では開けない。
新規プロジェクトを作った後に、
上書きコピーしてリフレッシュしてごまかしているが、
どうしたらいいのか教えてエロい人。
とりあえずは「プロジェクトは削除しない」という運用にしている。

■ 使ってみた
assets/www の下に普通の web アプリのように書いていけばOK。
しかしどうも web アプリの粋を越えない。
Android ぽいアプリが作りたいと思うと、
どうしても java のほうをいじる必要がありそう。
PhoneGap を使うことで、
方向センサなど、デバイスの一部が javascript から参照できるようになるが、
もうちょっと凝ったことをしたいなら java を書く必要が。

あちこちのソースを見た印象では、
PhoneGap はあくまでも javascript のフレームワークの1つ、という印象。
javascript だけで開発できる、というよりは、
java は java でモリモリ書いて、
javascript は PhoneGap で拡張するみたいな。

なわけで、まったく java 知らない人も PhoneGap 使えばOK、ではないと思う。
少なくとも、eclipse でエラーが出たときに対処するには、
やはり Android アプリ開発の知識が必要だと思う。

でもまぁ、web アプリぽいものを Android で動かす、という範囲なら、
十分に使えると思う。
思ったより Android アプリは敷居も高くなかったし、
凝ったことをしなければすぐに作れる。
HTML5 使えば見栄えの良い楽しいものが作れるし。
PhoneGap はなくてもいいかも、くらいに簡単。
みんなもっと気軽に Android アプリ作ったらいいよ。

おまけ:ちょっとしたTips


■ビルドしたら ***.xml があるのに ***.out.xml とかができちゃってエラー

例えば、main.xml と main.out.xml ができちゃったり、
AndroidManifest.xml と AndroidManifest.out.xml ができちゃったりする。
xml ファイルを編集したとき、
そのままうっかり「実行」ボタンを押しちゃったときにできる。
正しい解決方法は不明。
私の方法は、
(1) ***.out.xml を削除
(2) 他のエディタなどでファイルを開いていたら、全部閉じる
(3) プロジェクトの名前をテキトウに変更
(4) プロジェクトの名前を元に戻す
で、なんとかイケてる。
上記手順 (2) が抜けると、プロジェクト名変更に失敗して、
削除できないディレクトリができちゃったりするので注意。

■他のエディタでファイルをいじった

実行前は、必ず
「ファイル」→「リフレッシュ」
「プロジェクト」→「クリーン」
を行う。
エラーとか起きなくて快適。
[PR]
by xiaoxia | 2010-11-02 19:09 | ソフトウェア | Comments(2)

ダメ女プログラマ&主婦&腐女子&バイオリン弾き


by 小霞