「ほっ」と。キャンペーン

「聞く気がない」とか言うな

第10回 「耳」はよく聞こえている? | R25

10月末にエキサイトニュースにも載っていた上の記事。
(エキサイトではこちら 【コラム】 「聞き間違い」は耳のせいなの? (R25.jp)
読み流していたのだが、
なにやらモンモンしてきたので、今頃書いちゃう。

私は非常に聞き間違いが多い。
聞き間違いというよりも、話し声の一部が聞こえなくなることが多い。
何て言ったのかな?と、
状況や過去の経験から推測するが、
聞こえない部分が多いと、推測がだいぶん外れてしまう。
相手がきょとんとしていると、「あ、しまった…」と気付くのだが、
私の耳が悪いのを知っていて、
テキトウに話を合わせてくれる心優しい友人も多いのじゃないかと思う
(私は気付かないのでわからないけど)。
聞こえなかったのなら聞き返してくれと思うかもしれないが、
いくらなんでも、全部の発言について毎回聞き返すわけにはいかない。
そのくらいは聞こえない。

いわゆる「聴力検査」をやっても異常はない。
それは上記の記事にもあるとおりである。
むしろ「よく聞こえますね」なんて褒められたりする。
よくやるピッピッピッとかポッポッポッとかの音が出る聴力検査は
純音聴力検査というやつである。
大学の専門が聴覚だったので、
普段からオージオメータ(聴力検査の機械)で聴検をしていて、
次にどんな音が出るかわかっているため、
あの検査は「得意」である。
「何か音が出ますよ」と言われるよりは、
「さっきの音の2オクターブ上の音が小さく聞こえますよ」と言われる方が
心構えができるというものだろう。
ちなみに、心構えをしているのは聴力検査として正しくない、ということはない。
ろう学校の子どもたちは、自分で聴力検査をする。

私は普段耳栓をしている。
耳栓をしているから聞こえづらいのではと思われるかもしれないが、
耳栓を外しても聞き取りが良くなったりはしない。

では私はなぜ人の話が聞き取れないのか。

以下のリンクによると、
感音性難聴の人で、雑音や集団の中で語音の聞き取りが難しいという人がいるらしい。
突発性難聴は感音性難聴であり、
以前それに罹患した私は、まさにこれだろうと思う
難聴と聴力検査について - BIGLOBEなんでも相談室
通常の病院や健康診断では、前述の純音聴力検査しかやってくれない。
上記の医者も、「異常がない」とは言っているけれど、
純音聴力検査しかやっていないのではないか。
もし、その検査しかしていないのに
「聞く気がない」と、根性論に帰結させているのだとしたら、
これは絶対に診てもらいたくない医者である。

   XXX

カクテルパーティ効果というのがある。
パーティのたくさんの人の中でも、聞きたい人の話し声だけが聞こえる、という
ものである。
通常は、周囲音がなんとなく聞こえなくなるものなのだが、
私の場合、それがあまりできないように感じる。
だから聞き間違うのは、圧倒的に周囲音がある場所であり、
特に苦手なのは、電車の音や食器のぶつかる音である。
食器のぶつかる音に関しては、
突発性難聴の罹患経験者やメニエール病の人が、苦手だと言っていたので、
レクルートメント現象によるものだろうと思っている。
病気で内耳の細胞が死んでしまうと、
他の細胞がその分も頑張って反応する(補完する)というものらしく、
特定の音だけが妙に大きく聞こえてくる。
大きく聞こえるというより、鋭く鼓膜に刺さるような感じがするので、
非常に不快である。
私が耳栓をしているのも、
このレクルートメント現象によって周囲音の方が大きく聞こえるのを防ぐためで、
耳栓をしている方が、
周囲音の邪魔がない分、近くの人の話し声が良く聞こえるのである。
しかし、「なんで耳栓してるの?」と聞かれて、
「レクルートメント現象が…」なんて話すのも大変だし、
相手もそんなこと知りたいわけじゃないだろうから、
便宜上「耳鳴りがうるさくて」と答えている。

耳鳴りがイヤで耳栓をしてしまうのは一番いけない


こんなことは当然わかっている。
それに、耳鳴りは外からの音ではないのだから、
耳栓で防げるわけがない。
むしろ耳栓をすると耳鳴りが大きくなる。
当然、夜になると周囲音が減るので、耳鳴りがうるさくて困ることもある。

耳鳴りは
意識しないようにすることが大事

なのは当然なのだが、
「耳鳴りがひどいです」と医者に訴えても、
大体「気にするな」と言われる。
これは患者としては大変ムカつく。
私も数人の耳鼻科医にこれを言われた。
最初の医者に至っては「そんなはずはない」と自覚症状を否定された(爆笑
気になるから言っているのだし、
その上で、どうにかならんのかと相談しているのだから、
その対応はないだろうと思う。
気にしないようにするために、耳鳴り的な音をずっと聞かせて、
慣れさせる「マスカー療法」なんてのもある。
また、私の場合、経験的に、末梢の血行を良くすると耳鳴りが軽減する感じがするので、
ビタミンB12などを処方するという方法もあるだろう。
耳鳴りの根治療法がないことくらい、十分わかっている。
対症療法にはどんなものがあるのか、
何らかの情報を提示してもらえんのか、という話である。
私も医者を困らせようという気は毛頭ない。
幸い、私は耳鳴りをあまり気にしないタイプだったので、
それほど医者を困らせることはなかったけれど。

   XXX

上記の記事を読んで、
聞き間違いの多い人すべてが「聞く気がない人」とは思って欲しくない。
多分、私は、聞き間違いのせいで、だいぶん友人を減らしたのじゃないかと思う。
その人たちを始め、周囲の人たちには不快な思いをさせて申し訳ないと思う。
私のような人は、結構いるんじゃないか。
上記の記事によって、誤解される人たちが増えないことを願う。
そして、こんな私でも時折遊んでくれる心優しい友人たちがいることが、本当に有り難い。
聞き間違いな人たちにも、そんな友人たちがいればいいなと思う。
[PR]
Commented by sarue at 2009-11-11 14:49 x
エキサイトの記事を読みましたが、酷いですね。

雑音の中で特定の音を取捨選択するというのは、
音の発生元との距離や位置関係、周りの物との音の反射など、
とても複雑な情報を瞬時に脳が判断して初めて達成される、
大変高度な脳の働きです。

脳や耳の一部にごく軽度の障害があるだけで、
雑音の中での会話は極端に聞き取りにくくなります。

それを単に「意識の問題」などと十把一絡げに片付けるのは、
とても暴力的ですね。
Commented by ムムリク at 2009-11-11 16:39 x
確かにこれはちょっと悪意を感じますね。医者の言葉とも思えない。
まあ、最近は人としてどうよ? という医者が多いのは否定できませんが。
わたしも昨年、不注意から耳を傷めてしまい、耳鳴りが残るようになってしまいましたので共感できる部分が多いですね。
Commented by xiaoxia at 2009-11-13 17:31
●sarueさま
中には本当に人の話を聞く気がないのが原因の人もいるのでしょう。最近はモンスターペイシェントもいますから、医者も日ごろ大変な思いをしているのかもしれません。医者の苦労が透けて見えるような気もする記事です(笑)

話を聞き取るのは多くの人が当然のようにできることですが、考えてみたら、リアルタイムでフーリエ変換と増幅をやっている上に、言語的なシンタックス解析までやっているわけですから、すごいことなんですよね。人間てすごいなぁと改めて思いますね。

●ムムリクさま
医者はすべからく人格者でなくてはいけないというわけでもなく、医者も生身の人間ですから、色々あるのでしょうなぁ。
ムムリクさんも耳鳴りさんになられてしまったのですか(涙 治りにくい病気ですが、少しでも良くなりますよう。
Commented by kototubo at 2009-11-16 23:52
大分趣旨は異なりますが、ご了承いただけるようなのでTB打たせていただきやしたっ

ついでのようですが、私も「非常に聞き間違いが多い」です。
聞こえた単語・音から相手の言っていることを推測しています。
そして何度も聞き直しちゃう。私も聞く気はとってもあるのですが〜〜(^_^;)
この医者の言い分が、一般論になってほしくないですね…
Commented by xiaoxia at 2009-11-17 12:27
●言壺さま
TB有難うございますー(^-^)

そうなんですよー聞く気はすごくあるんですよねー(´・ω・`)

> 私も「非常に聞き間違いが多い」です。
全然そんな感じしませんね。
言壺さんは聞く姿勢と話す姿勢がちゃんとこちらに向いてると感じられるので、
聞く気がないなんて全然思わないですし。

この記事、gooニュースでも見かけたのですが、
これが広まって一般論になっちゃうと嫌だなぁと思っているところです。
Commented by blue_koichiro at 2009-12-08 13:27
ワタクシも耳鳴りとはかれこれ25年くらいの長い付き合い。だんだん酷くなってきてるよう泣きもします。
調べてもらったら騒音性難聴だって言われました。
かなり上の方の周波数帯が2ヶ所ダメです。
多分そのせいもあるのかも知れないですがあるタイプの人の声が聞き取れないとかってありますね。イッショウケンメイ聞き取ろうと思うんだけど聞き取れない、、ちょっと辛いですね。
Commented by xiaoxia at 2009-12-08 14:17
騒音性難聴でしたら C5dip という 4kHz あたりががくっと下がる難聴かもしれませんね。4kHz はキーンとする音ですが、普通はちゃんと聞こえる範囲の音なので、このあたりが聞こえないのだとしたら、さぞかしご不便かと思います。人の声は、成分としては低い方の周波数が多いのですが、子音の弁別は高い周波数の方を使いますので、高い方が聞こえないと「声自体は聞こえるのに何言ってるかわからない」ということになります。すごーくよくわかりますうんうん(´・ω・`)
やはりプロの方は耳を酷使なさるので、耳が弱い方も多いですね。プロのバイオリニストは楽器に近い左耳をダメにする人が多いと聞きました。耳は「明らかに疲れたー」となりにくい器官ですので、是非意識的に耳のお休みを作るようにしないと、休ませることができませんしね。これがまた難しいのですが。
お大事になさってください。
Commented at 2010-02-18 09:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by xiaoxia at 2010-02-18 10:14
●鍵 2010-02-18 09:46 さま
なるほど、文字での文章理解と音声での文章理解は類似しているかもしれません。大変興味深くて面白い視点ですね!
状況によってコミュニケーションに多少難があるという状態ではありますが、ぱっと見フツウですし、会話も普通にできますし、障害と言えるほどの社会的ハンデを負っているわけではありませんし、対人スキルで十分にカバーできます。原因や治療法がわかるまでは、聞く気がないと言われながら、まぁボチボチすごしていきますよ(^-^)
by xiaoxia | 2009-11-04 19:04 | | Comments(9)

ダメ女プログラマ&主婦&腐女子&バイオリン弾き


by 小霞