[Emacs]個人的に便利なEmacsコマンド

自作のEmacsチートシートを公開してみる(Unix的なアレ)

Emacs と聞いて飛んできましたよ(笑)
なるほど、コマンド一覧ね。
このあたりはもう全部頭に入っちゃっているので
(というか体が覚えている)、
一覧にはしませんです。
これ以外で、私が便利に使うコマンドはこんな感じ。
カッコ内はコマンド名なので、M-x の後に入力しても同様のことができるよ。

・Ctrl-x RET f :現在のファイルの文字コードを変える(= set-buffer-file-coding-system)
そのまま Ctrl-x Ctrl-f で保存する
保存時に違う文字コードに変えられちゃったら、
Emacs が対応していないってことなので、諦める。
例えば、UTF-16 系とかは、対応していないことが多い。

・Ctrl-x RET p :プロセスI/Oの文字コードを変える(= set-buffer-process-coding-system)
例えば、デバッガ(perldb)中でプログラムを動かしていて、
プログラムの出力する文字列は SJIS なんだよね、って時は、
このコマンドで SJIS に変えておくと、
文字化けせずに出力文字列が見られて便利

・Ctrl-x r k :長方形killing(= kill-rectangle)
領域指定した部分を四角く切り取ることができる。
表計算で列の削除をするみたいなイメージ。
たとえば、縦がそろっていて表ぽくなっているテキストとか、
左から2行目から3行目を削除したいんだよね、なんてことができる。
killing なので、切った領域は保存されています。
領域を保存しない時は、以下。
Ctrl-x r d (= delete-rectangle)

・Ctrl-x r y :長方形yank(= yank-rectangle)
killing した部分を貼り付けることを yankって言います。
たとえば、前述で切り取った行を、行末に貼り付け、ができる。

・DIRED 関連
d バッファ削除(複数選択できる)
→ RET 削除実行
f 現在のウィンドウにバッファを開く
1 ウィンドウ分割を解除して選択したバッファを開く
[PR]
by xiaoxia | 2008-02-13 18:45 | ソフトウェア | Comments(0)

ダメ女プログラマ&主婦&腐女子&バイオリン弾き


by 小霞