山尾悠子のこと

幻想文学とファンタジー文学は、
厳密には違うのだろうけど、
便宜的に「ファンタジー」と書かせていただく。
ジェフリー・フォード作/山尾悠子など翻訳「白い果実」

ファンタジーを書く人には2種類ある。
1つは、ファンタジー世界の詳細な設定に熱中する人。
通貨がどうとか、地図とか、人々の肌の色や、衣装がどうとか。
それは多分、世界を構築する「神」の楽しみなのだろうと思う。
そちらが楽しくなってしまって、
物語をつむぐことが疎かになるというのが、
シロウトにはありがちなパターン。
もう1つは、ファンタジー世界の設定を使って、
自分の萌えシチュエーションをこれでもか!と繰り出す人。
プロにはこっちが多いと思う。
その世界にハマれば熱狂的なファンになれるが、
ハマれなければ、作者が見えすぎてしまって、
読者おいてけぼり、ということになりかねない。
例えば、長野まゆみとか野亜梓とか。

山尾悠子は、世界を構築することにも興味がないし、
自分の萌えを開陳することにも興味がない。
山尾の興味は多分「ことば」そのものなのだと思う。

昨今の小説は、登場人物の心情の変化で物語が流れる。
トピックとそれに影響される変化、その連続性が前提にあるように思う。
山尾悠子はそれがない。

細切れのエピソードそのものや、連続/非連続であることに意味を持たせる作家もいる。
私の中では、安倍公房とか村上春樹とかが、そのようなイメージだ。
山尾悠子にはそれもない。

それは散文詩のようだ。
いや、本当に散文詩なのかもしれない。
内包された意味とか、整合性とか連続性とか、
そんなものはどうでも良くて、
ひとつひとつの「ことば」を、愛でるように鑑賞するものかもしれない。

   ■■■

山尾悠子「ラピスラズリ」
最初、長野まゆみ系かなぁと思ったんだよね。
人形、鉱物、水、月、とか、
長野が好きそうなモチーフが並んでいたから。
でも違うのよ。
長野は作者の萌えが見えちゃって、苦笑しちゃう事もあるけど、
こちらは全然作者が見えない。
作者もすごく客観的な視点なわけ。

よく少女漫画家が「話が降りて来る」みたいなことを言うけれど、
ああいう感じがするのね。
もうその「世界」が完璧にできていて、
そして山尾だけにはそれが見えていて、
それを「ことば」にしているだけ、みたいな。
そこに山尾はいなくて、
彼女の体を借りて、神話が語られているような。

よりまし、っていうのかな。
「ことば」だけで、人と人ならぬモノの間をつなぐ。
ある意味、本当に彼女はそうなのかも。

   ■■■

山尾悠子作品集成
とまぁ、そんな山尾悠子の小説たち。
これらが70年代初頭に書かれたことが驚き。
ちょっと時代が早すぎたろうね。

元は、幻想文学もファンタジーも同じものだったのかもしれなけど、
今は全然違うニュアンスだよね。
妹尾ゆふ子あたりが、まだ間にいそうな感じがするけど。
今、ファンタジーって言ったら、もう竜と剣と魔法だもんね。
ハリポタとか、指輪とか。
幻想文学って言ったら誰なんだろう。
澁澤龍彦なんか、すごく幻想文学の人なんだけど、本業じゃないしね。
日本にはいないかなぁ。
ダンセイニとか、一時期のラブクラフトとかは浮かぶんだけど。

これを漫画にしたらどうなるかなぁと思ったんだけど、
一瞬、SF漫画家ってことで佐々木淳子が浮かんだ。
彼女は「子宮で考えた」と言われて気分を害したそうだけど、
私もそう思うなぁ。
あのぐるぐるっぷりは。
だから佐々木よりは、
女性性のようなイキモノのにおいを、極力排除できる人がいいかな。
萩尾望都も良いんだが。
意外に、永野譲とかが合いそうな気がする。

音楽にしたらと考えて、谷山浩子が浮かんだ。
あんなにかわゆらしい声でなくても良いんだが、
「幻想」というジャンルに合う詞を書く人って
少ない気がするんだよね。
アルバム「お昼寝宮・お散歩宮」の「夢の濁流」(→歌詞)とか、
かなりイメージが近いと思ったよ。

解説のところを読んでいて、軽くショックだった。
私が好きな(もしくは昔好きだった)作家がずらずらと並んでいたから。
野亜梓を始め、森茉莉、澁澤龍彦、アイリス・マードック、アナイス・ニンなど。
森茉莉と澁澤以外は、ものすごくマイナーじゃないか。

野亜なんて、山尾から呼びかけられてるぞ。
振り返ってみれば、
彼の初期の作品である「銀河赤道祭」とか、レモンTシリーズとか、
そのあたりは、雰囲気がすごく山尾っぽい。
本人曰く「やおいにはまった」後の作品は
エログロだらけになってしまい、
私にはそれが醜悪で悪趣味に感じられて
(思うに、あれはやおいじゃない。気持ち悪いんだもん)、
読めなくなってしまったけど。

マードックも、現代を舞台とした非常に観念的な小説が多く、
柔らかい安倍公房って感じかもしれないが、
意味を求めることそのものを揺るがす点は、山尾に似ているのかもしれない。
世界が既に構築されていて、その描写によって物語をつむぎだすなら、
そこに作家の影はかなり薄くしか(もしくは全く)投影されない。
マードックは、作家自身が作中に出ないことを大事にしていた作家だ。
山尾がそれを意識していたかどうかはわからないが、
結果的に、そんなところも、似ているような気がする。

画家の名前も挙がっていて、
それも私が大好きな画家だったから、これまたびっくり。
バージル・フィンレイとかギュスターブ・モローとか。
モローは有名だから良いとして、フィンレイが出てくるとは。
彼は挿絵画家の方だけどね。
フィンレイといえばラヴクラフト。
ラヴクラフト以外でこの名前見たの初めてだよ(笑)

山尾を知ったのはここ数年のことなんだけど、
辿りつくべくして辿りついたのかもしれない。

これから読む人には、この順番がおすすめ。
・白い果実
・山尾悠子作品集成
・ラピスラズリ
白い果実は、起承転結があるからとっつき良い。
集成より先にラピスを読んじゃったんだけど、
集成を先に読んだ方が、
彼女の世界観とか破滅嗜好なんかがわかって、
より味わい深かったのでは、と思う。
[PR]
Commented by frou_frou at 2007-03-26 19:59
高原英理の「少女領域」でも取り上げられているので、山尾悠子は読んでおかなくては、と思いつつ未読なのです。機会を作って読みます。「ことば」を読むための読み物が、私は好きです。

ファンタジーを書く二種類の人の分析、激しく首を縦に振りました。
ネットで公開されているファンタジーは、設定が作りこまれているものが多いですよね。
私は設定は割と気になりません、読むのと書くのとにかかわらず。ゲームをしてこなかったせいかもしれませんが。ほんとうに、どうでもいいです。

日本の幻想文学作家というと、泉鏡花あたりでしょうか?
谷山浩子の書いたファンタジーはかなり好きでした。たいがいわけわかんなくてブラックなのです。子どものころに読んだらかるくトラウマになったかもしれません。
どこかぞっとする理不尽さが描かれたファンタジーって、児童文学にはかつて散見されましたが、最近はあまりなさそうな感じがします。
そういうものであっていいと思います。昨今のファンタジーは明るすぎ、わかりやすすぎ、いい子すぎなのじゃないのかなと。
Commented by xiaoxia at 2007-03-28 20:42
●ふるふるさま
ふるやさんのように、「ことば」がお好きな方には合うと思いますよ。詩歌はほとんど読みませんので、こういう作品を他に知りませんでした。純粋に驚きでしたよ。
ファンタジーを書く人の話、ふるやさんとお会いしたときにお話した内容そのまんまですね(^^;; ふるやさんとお話しすると、新しい視点をいただけるので、大変面白いです。また是非たくさんお話いたしましょう(^-^)
私も飽きっぽいせいでRPGは合わず、やったことがないのですが、好きな人は好きですよねー。読んでいて、頑張りどころはそこじゃないだろ…と思うのですが。
泉鏡花ですか、いいですねー。私は絶対好きだと思うので、好きなのはわかっているから後回しにしている作家の一人です(笑) 山尾よりは、ちょっと耽美に寄っていますかね。もそっとダークですから。
童話も本当はもっとダークなのに、「良い話」に改変されていることは多いですね。子どもの世界は欲望がストレートな分、結構残酷だったりしするわけで、うつくしいものだけではないと思うのです。でもオトナが子どもにうつくしい話を与えたいと思うのは、穢れてない存在であって欲しいという願望なのでしょうかね。
Commented by t2mina at 2007-04-01 20:03
こんばんはー。
例えばグリムにはジャスト・ソー・ネス(うろ覚え)「世の中なんてこんなもんですよ、だから騙されないように気をつけなさい」というような現実そのままを見せるような、心理学で言えばユングの解釈が適用されるような伝え方をしていますよね。メルヘンやファンタジーは西洋の思想が土台になっていて叙事詩のベイオ・ウルフや、トールキン等は典型的な作家だと思います。これは善と悪がはっきりした二項原理のタイプ。この頃の竜は典型的な悪者ですが、時代と共に共存の話も出てきましたね。もっとも何でもかんでも竜を飛ばすのはパターン化でしかないのですが(笑)
日本の児童文学は女子どものものという考えが長くありましたから、純文学が書けない人が書くものという考えから始まっているのでスタート地点がかなり違うのです。でも日本の情緒、侘び寂びというのは西洋人にとっては魅力的であり且つ彼らにとっては解釈は難しい。
Commented by t2mina at 2007-04-01 20:17
(続き)幻想文学との境はって言うのはよくわからなくなるんです。おっしゃるように漫画にも音楽にも絵画にもそれを表現できそうな方がいらっしゃる。純文学、ファンタジー、ヤングアダルト、漫画等のオーヴァ−ラップする部分というか、自分の中ではなかなか危ない怪しい部分もある世界として捕らえています。それだけ深層心理に近い部分ではないのかな、と思ったりしますがどうなんでしょ?いずれにしてもその底に現実に根ざしたリアリズムがあると土台がある気がして惹かれます。
山尾悠子さんという名前は初めてです。今度探してみますね。

あ、遅れましたが、お久しぶりです。話の路線がずれていたらごめんなさいね。そしてまたヨロシク♪
Commented by xiaoxia at 2007-04-02 18:40
●minaさま
どもども、お久しぶりです。
なるほど、なかなか深い話ですねー。大変興味深いです。
私の中では、幻想文学というのは、純文・ファンタジーなどとは何となく違いがあります。表現手段が音楽・絵(漫画含む)・文字という違いはまた別かと考えております。
この山尾に関しては、神話的・詩歌的であるというのが、一番近いと思いました。オチとか教訓とかテーマとか、そういうものがありません。侘び寂びとも、また違います。解釈してはいけない、というか解釈することは無意味です。「Don't think, feel」(byブルースリー)って感じですw
リクツで片付けていない分、深層心理に近いというのは、あるかもしれません。夢の話みたいなのですよ。
日本の作家で、ほかにこういう作風の人を知らないので、なんとも喩えようがないのですが。
意味解釈とか分析とか、そういうことを全くしないで読むというのは、ある意味難しかったです。そして新鮮でした。
万人にお勧めできるわけではありませんが、『「ことば」の手触りを楽しむ』には最高ですよ。
Commented by tomoarrow at 2010-05-23 09:17
かすみさんこんにちは。プロフィールを拝見しましたら好みがよく似ているので、嬉しくなってTBを送らせてもらいました。
僕自身は山尾悠子のいい読者ではなく、「遠近法」以外は読み返すこともないのですが(苦笑

今後お見知りおき頂ければさいわいです。


キンシャチ拝
Commented by xiaoxia at 2010-05-24 18:16
●キンシャチさま
TB有難うございます!
幻想文学はどうも読者が少ないように思いますね。SFでもないですし、いわゆる竜と剣と魔法のファンタジーでもないですし、読者を選ぶのかもしれませんね。
仲間の少ないジャンルですが(笑)、こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします(^-^)
Commented by tomoarrow at 2010-05-24 21:51
幻想文学と云うのは、読者の中にあるもののような気もします。たとえば僕は、ノンフクションやエッセイにも幻想性を感じることがあります。

単に僕の想像出来る世界が狭すぎて、様々な事柄に呆然としているだけかもしれませんが(苦笑

キンシャチ
Commented by xiaoxia at 2010-05-25 11:16
●キンシャチさま
読者の中に幻想文学があるというのは蓋し名言ですねー。読者が認識すればそこにそれが存在する、なんかすごく哲学的です。逆に言えば、幻想文学を定義してしまうことで、たくさんの文学の中の幻想文学ぽさに気付けずに通り過ぎてしまうのかもしれません。定義することに固執せずに、いづくにもあまねく存在する幻想文学の香りを求めつつ、って超カコイイっす!
by xiaoxia | 2007-03-09 20:00 | 読む | Comments(9)

ダメ女プログラマ&主婦&腐女子&バイオリン弾き


by 小霞