LISP キター!

スラドに「Lispチュートリアル&事例紹介セミナー」という記事が。
参加費無料らしいんですよ。
場所は新宿と六本木ヒルズ、11/17-18の2日間。
ああ、惹かれるなぁ(笑)

問い合わせ先のフランツ社って、
AllegroCLの購入の時に電話した覚えがあるなぁと思ったら、
やっぱりそうでした。

何を隠そう、ワタクシ元は LISPer です。
プログラマ人生の半分弱を LISP と共に暮らしてまいりました(笑)
(それで java とか C++ とかにウトいんですわ)

Schemeプログラマのレベル10
っつーのがあったので、見てみたのですが。

Scheme って、Common LISP と結構違うし、
最近のオブジェクト指向な LISP の流れには乗っていないので、
昔のレベルで止まっちゃっています。
まぁ大体、レベル4くらいかと思います。

レベル5の
(), {}, [], <>などという4種類もの括弧にもはや頭がついていかない。括弧は()で十分だ。

は笑いました。
実際そう思います。
perl でも C でも、読みにくいと感じると、
ついついカッコでくくってしまう癖があり、
他の人よりカッコが多いソースになります。
emacs で書いているから、対応するカッコにカーソルが飛ぶのが便利なんッスよ。

あと、改行も少ないみたいです。
LISP って1つの関数中は、あまり空行をあけませんが、
C 風表記のものは、空行をガシガシ空けますよね。
あれが慣れません。

多値が返せないと苦痛。

激しく同感(笑)
多値関数って、すげい便利なのにー。

lambda、と意識しないでもタイプできる

意識するという意味自体がわからないw
map を使うときは、大体 lambda 使いますから、お馴染みさんです。

レベル7
Lisp/Schemeの求人を見つけると心が揺れる。

あー、揺れる揺れる(笑)
殆ど求人ないからねー。
Tech-Being でそんな求人見たことないもん。

LISPは、変数名と関数名の区別が付きにくいと言う人がいますね。
どっちもポインタっつー意味では一緒ですから、
区別する必要がないんですよ(笑)

先日、設計書を書いていて、
うっかり「副作用」と書いてしまいました。
LISPer 以外はあまり使わない用語ですね(^^;;

因みに、Perlプログラマのレベル10では、レベル7くらいかと思います。
正規表現は、先読み・後読み系のあたりが、まだあまり書けないので、7弱でしょうか。
レベル8とか9とかは、企業プログラマの域を出てませんか…。
C言語のアドレスとポインタ変数は殆ど理解できていませんが、
perl のリファレンスは、使えないと死にますねー。
(意味的には同じハズなのに…)

そいういえば、最近、perl に map 関数があるのを発見して狂喜乱舞しました。
perl5 以上ですかね。
うれしすー!

さ、夜はまだまだ。働くぞー O(^-^;;)o
[PR]
Commented by liki at 2005-10-15 12:15 x
遅くまでお疲れ様です。以前は日が変わることもありましたが、もうがんばれません。(^_^;
正規表現は全然だめです。Perlもよくわからんし。LISPも超サブセットのAutoLISPのみ。
xyzzy使おうとしたが、LISPでつまずいた。
LISPに()以外の括弧があるなんて知らんかった。
Commented by norah_models at 2005-10-15 15:42
私はノートでもプログラム書くのである程度のところで改行が入らないと辛いですねー。あと行数を少なくとか、分岐の階層もあまり深くならないようにしたりとか。

Perlだとライブラリを多用するという癖はありますね^^;
Commented by code_air_edge at 2005-10-15 18:32
私はLISPは触ったことがないのですが、関数が多値を返せないCやC++はほんと苦痛です(--;
なのでまぁなんとか構造体とかでやりすごすんですが、もっとスマートに返せたらいいのになぁといつも思います。
それができるというなら、LISPってのもちょっと興味わきますねぇ・・・。
Commented by xiaoxia at 2005-10-17 21:12
●likiさま
会社にいて日が変わることは頻繁にありますが、こういう仕事の仕方も、そうそう長くは続けられないなーと思いますけれどね(^^;;
likiさんはなんでもお出来になりそうなので、正規表現がお嫌いとは、ちょっと意外です。使えるようになると便利なのですけれどねー。
よくわからないうちは調べなくてはいけませんから、それは面倒くさいですね。仕事で無理矢理使わされていると、そのうち覚えます(^-^)

●のらさま
あー、lispって、やたらと改行が多いのですよ。その代わり、空行をあけません。元が UNIX な人なので、プログラムソースもメールも 80カラムで改行厳守です(笑) 近頃の便利な開発環境を使う人たちは、80以上ヘイキで使うので、ムキーッとなりますよ(^^;;
perl は普及しているだけあって、ライブラリが豊富ですから、よく使いますね。でも、LISP も、emacs-lisp なら、インストール時に入った関数を利用しますよ。関数名に規則性があるので、必要な関数があるかどうかは、ヘルプで関数一覧を見れば大体わかります。でも、こういう方法は一般人向けではないので、関数の再利用という面は、明らかに perl に水をあけられていて、ちょっと悔しいような(^^;;
Commented by xiaoxia at 2005-10-17 21:12
●コデさま
構造体でやり過ごすと言うのは、よくやりますね(^^;; アドレス返却なら、結果的に多値関数と同じことをしているわけですが、システム側でサポートしてくれるとラクですよねー。
LISP は型を区別しなかったり、ポインタ変数という考え方がなかったりして、初心者向けで判りやすく、良い言語だと思いますよ。興味をもたれたのなら、是非。記述方法が C などと全然違うので、新鮮だと思います。
LISP は良い言語だと思うのですが、一点だけ難をあげるとすれば、ガベージコレクションでしょうか。最近はマシンパワーもあがりましたが、昔は頻繁に GC が始まって、困ったものでした。このタイミングで GC 起きるのか!?みたいな(笑)
Commented by norah_models at 2005-10-17 21:55
私はBasicがまだOSだった頃の人なのでLISPと言うとコンソールに長ったらしく一行で書くものだと言う偏見が^^;

個人的にはPHPが一番好きなのですが、正規表現がPerlが反則なほど強いでやっぱりPerlを使ってしまいますね^^。
Commented by xiaoxia at 2005-10-18 19:43
●のらさま
なるほどー。私は最初からVAX/VMS上で、エディタを使って書いていたので、コンソール直打ちの印象が無いのでしょうね。いやぁ、懐かしいです。VAX/VMSはコマンド体系が美しくて、結構好きだったのですが。

PHPもなかなか良いですね。大量の文書の操作をする時、コマンドラインならperlの方が速いですし(試してみた)、webアプリならPHPの方が速いですし、場合によって使い分けていますよ。PHPは去年初めて書きましたが、perlに似ていて、とっつきも良かったです。
by xiaoxia | 2005-10-14 23:04 | コンピュータ関係 | Comments(7)

ダメ女プログラマ&主婦&腐女子&バイオリン弾き


by 小霞